ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ゴルフのキソ!!~基礎基本を徹底~ 初心者から賢くステップアップ(5)

ゴルフのキソ!

前回は、初心者が確認すべき3つのチェックポイントについてお話した。

(前回の内容はこちら

まずは、この3つのポイントを確実に自分のものにしてほしい

今回は、その前提でお話をしよう。

 


Golf / guidancefs

 

初心者の悩みの最たるもののひとつがスライスである。その原因は大きく分けて3つである。

①フェースが開いたままインパクトしてしまう。

②スイングの軌道が、アウトサイドインとなる。

③クラブがVゾーンにおりてこない。

である。

 

この原因はまずは、①がネックなって発生する。

前回、特に重要な点は、「グリップ」。フェースの開きを防ぐグリップを徹底してほしいと力説したのは、この点が大きい。

 

もし、グリップがフェースの開きを誘導するものであると、スイング軌道は確実にアウトサイドインとなってしまう。

 

なぜならば、インサイドアウトの軌道が理想と頭でわかっていたとしても、実際にボールが右に大きく出てしまうと、それを回避しようとして、アウトサイドインに振ろうするものだからである。

 

また、②が癖として定着すれば、確実にクラブはVゾーンに下りてこない。アウトサイドインの軌道では、右脇があいてしまう。さらに、手でこねる動作がしやすくなることもあり、右手を身体につけるという動作は重要視されなくなるのである。

 

それが、軌道がVゾーンを外れる大きな原因となるのである。

 

しかし、言い換えれば、「正しいグリップ」「正しいアドレス」「正しい前傾姿勢」 が保たれれば、普通に振れば右にボールは飛ばなくなる。

 

その結果、アウトサイドインの軌道は修正され、インサイドアウトの軌道を意識するようになるので、右脇を締める意識を持てば、クラブは素直にVゾーンに下りてくる。

 

もし、あなたがスライスで悩んでいるのあれば、基本の3つを大切にしてほしいのである。

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する