ゴルファー必見。 お役立ち情報!

「タイで一番 歴史のあるゴルフ場はどこ?」~タイでゴルフ友達になりましょ~

 

 

タイと日本を往復しながら、
仕事もゴルフも謳歌されているnagaichiさんの

ブログ「タイでゴルフ友達になりましょ。」より

今回は、タイで1番歴史のあるゴルフ場をご紹介いたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

タイで一番 歴史のあるゴルフ場はどこ?

 

 

タイで18ホールを持つ、一番の歴史あるゴルフ場は どこのコースでしょう?

 

そう 1924年6月(93年前)、国王ラマ6世の要請により、
ホアヒンに初めて18ホール(パー72)として造成された
「ロイヤル ホアヒン ゴルフコース」ですネ。

 

 

 <ロイヤル ホアヒンGCのティグランド> 

 

 

同コースがタイゴルフ発祥の地と、されてもいます。
日本とアジアで大活躍のプラヤド・マークセン選手が、キャディをしながら腕を磨き、
ここでトッププロになるまでに成長したことは余りにも有名な話しです。

 

 

<駅の真ん前がゴルフ場>

 

 

バンコクの南東(シャム湾を 挿んだパタヤの対岸)約200kmに位置するホアヒンは、
ラマ6世以来、歴代のタイ王族から現在の王族まで、
王室ご用達の避暑地として重用されてきた静かなビーチです。

 

王族関係者がすぐにホアヒン駅(国鉄)からもゴルフ場へ行けるように、と
ゴルフ場の真ん前入口を 改札駅にしてあるのは、ここだけでしょうネ。

 

 

 <ジムカーナ クラブ>

 

 

でも9ホールのゴルフ場を入れたら、一番 歴史あるコースは、
チェンマイにある「ジムカーナクラブ・ゴルフコース」ですネ。

チェンマイの中心地よりピン川沿いから南へ3キロほどのところにあります。

 

日本で一番歴史あるゴルフ場と言われる
「神戸ゴルフ倶楽部」(1903年―明治36年)より、
さらに5年も早い1898年の開場ですからネ。
相当な歴史あるゴルフ場です。

 

造形者はイギリス人で、「ジムカーナ」という名称は、
その人の名前から付けられたと言われています。

 

 

<神戸ゴルフ倶楽部>

 

 

日本で最初のコースである神戸ゴルフ倶楽部は、
アーサー・H・グルームという英国人が母国を偲ぶために造ったもので、
当初の会員は居留外国人だったと聞いています。

 

ジムカーナ クラブも神戸ゴルフ倶楽部も、
両コースともイギリス人の手になるゴルフコースなんですねぇ~

 

さて ジムカーナ クラブGC、
今年2月にチェンマイへ行った時にプレーはしませんでしたが、
クラブハウスで食事だけしてきました。

 

名物となっているクラブハウス前の大木の見事さには圧倒されました。
“この~木、何の木 ?♪” “気になる木 ~♪” なんて、歌いたくなりますヨ。

 

 

<大木とクラブハウス>

 

 

クラブハウスは昔のままですが、歴史的建造物的な趣が残っています。
その日もイギリス人を見かけましたネ。

 

その人たちから古き良き時代だった当時、
イギリス人がゴルフやクリケットをした後
「ゆったり ノンビリ 過ごしていたんだろうなぁ~」なんて、想像できます。

 

コースは3,000ヤード前後の9ホール(パー36)。
案内して頂いたNさんによると、木々に挟まれたコースで
思ったより距離もあって面白いとのことです。
池が多い庭園でプレーするような感じとか。

 

 

 <なかかな良い雰囲気なコース>

 

 

チェンマイ近辺にはハイランド、グリーン・バレー、アルパインなど
素晴らしいゴルフ場も多いんですが、9ホールのコースが4つあります。

 

ジムカーナ クラブは9ホールを2回ラウンドしても
500バーツでプレーできるでしょう。

 

18ホールの他に、話のタネにでも一度はタイで一番 歴史ある
ジムカーナ クラブでプレーするのも良いでしょうネ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
ゴルフ情報だけでなく、タイの様子も知ることができます。ぜひご覧下さい!!

 

 
【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する