ゴルファー必見。 お役立ち情報!

手を外すな!胸の前に置けってなあに?ゴルフの不思議。上達体感法

 

ゴルフ歴30年以上のアマチュアシングルプレーヤーで、
クラブチャンピオンの経験を持つ「ゴルフエッグ」さんのブログより

 

【手を外すな!胸の前に置けってなあに?ゴルフの不思議。上達体感法】

                                      をご紹介します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

mune4 (1)

 

ゴルフの方向性を良くする方法・・・

 

それは、「両手を胸の前から外すな!」

 


よくゴルフの指導書で、

・「スイング中は、つねに両手(手、グリップ)は胸の前に・・・」

・「バックスイングでも、ダウンスイングでも、いつも胸の真ん前に手(腕)があるように」

と書かれていたりします。

 

でも、あなたはその感覚が分かりますか?

 

「そうなのよ~ 胸の前に手ってどういうことか、よくわかんない~」

 

 

rule3

 

あなたは、このゴルフエッグの体感レッスンで・・・

 

・「胸の前に両手がある」の感覚を体感できる

・「胸の前に両手がなくなる」という感覚も分かるようになる

・結果、方向性のよいゴルフスイングを手に入れられる

 

 

さあ、始めましょう!

「これなら、分かる!」ゴルフ上達体感レッスンのスタートです^^

 

 

胸の前に両手があるとは…

 

mune4 (1)

 

 

ゴルフのスイング中は、胸(胸板)の前から

 

・手を外すな!

・ずらすな!

・手が遅れているぞ!

と、注意されたことがありませんか?

 

「そうなんです。よく友人からも言われますぅ~」

「でも、どれがどういうことで、どう外れているのかわからないですぅ~」

 

そうですよね。

 

ゴルフスイングという高速で腕を振る動作のときに

「両手(グリップ)を胸の前に・・・」なんて感覚、初心者の方には分からなくて当然です!!

 

では、まず「両手が胸の前にある感覚」を体感してみましょう\(^^)/

 

さあ、普通にゴルフのアドレス(構え)をしてみてください^^

 

3

 

「OK こんな普通の構えでいいの?」

 

もうバッチリです。まるでタイガーウッズのようですね^^

(だってそうですから^^;)


あなたも、大体、タイガーウッズと同じように構えますよね。

 

「まあね^^」



そう、この状態が「両手(グリップ位置)が胸の前にある」です^^

 

「そんなの決まっているジャン!」

「何をいまさらいっているんだ、ゴルフエッグは・・・(怒)」

 

あはははは 当たり前すぎましたね^^

では、この状態でバックスイング(後にクラブを振ること)をしてみましょう^^

 

イメージとしては、

・いつも胸の真ん中から出ている

・胸板に対して垂直なオレンジの線が

・両手(グリップ)の方を向いている感じ

ですね。

 

 

mune4mune3

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

どうですか?

 

バックスイング中、ずっと

胸板からの垂直なオレンジの線

両手(グリップ)を指していますか?

 

 


「うん、大丈夫だと思うよ、ちゃんとグリップを指している気がするけどな~」

「なるほど、こんな感覚なのか~」

 

どうです、分かりますか?

 

タイガーウッズのように

「胸板の正面(垂直なオレンジの線の先)に両手(グリップ)がある」

ように感じられれば、OKです。

 

「でもさーゴルフエッグさんよ~」

「上のタイガーの写真のような、

かなり後ろに手を回すと、両手が胸の前から外れる気がするんだけど、どうなのかな~」

「このゴルフエッグさんの写真くらいが

「胸の前にグリップがある」っていう限界なんじゃないかな~」

 

 

6

 

 

そうですね。

 

 

 


これ以上、腕を後ろにしようと思うと・・・

ゴルフエッグなんか、体が硬いから

胸板からのオレンジの線が両手(グリップ)を指さなくなりますね^^;

 

右打ちの人なら、左腕の二の腕が胸板につく感じになります。

 

「両手が胸の前から外れる」という言い方の他に

両腕と胸板でできた

 

「三角形がつぶれる」

・「懐(ふところ)が狭くなる」

なんて表現もしますね^^

 

左写真のような感じでしょうか^^

 

mune7

 

左が上田桃子プロのトップオブスイングの形です。

右のタイガーウッズと比べてみると一目瞭然ですね^^

 

「じゃあ、上田プロはダメっていうこと?」

 

いえいえ、そんな女子プロゴルフ界のトッププロが悪いわけありません^^;

 

女子の柔軟性を活かした素晴らしいトップオブスイングですよ。

 

女子の柔軟性を活かした話は、

「1秒我慢トップオブスイングで飛距離アップ!ゴルフパワフルスイング」

を参照くださいm(_ _)m

 

「でも、やっぱりまだ、三角形がつぶれるとか、懐が狭くなるとかの感覚が分かりにくいな~」

 

分かりました^^>

では、ゴルフエッグが考えた

「懐が狭くなる、広くなる」の体感法を紹介しますね^^

 

「おっ! なんだそれは、どうするんだ?」

 

 

「懐が狭くなる、広くなる」の体感法

 

1.クラブを左腕付け根と胸で、挟んでください。

2.そのままトップオブスイングの形を作ります。

 

この腕と胸の関係が

・「懐が狭くなる」

・「三角形がつぶれる」

・「両手が胸から外れる」

という感じです^^

 

さあ、ここから

1.腕は動かさず

2.胸だけをもう少し右へ回して

3.挟んでいたクラブを床へ落としてみましょう。

 

どうです? 「ストン」と落ちましたか?

 

胸と左腕の二の腕が離れ、懐(ふところ)が広くなったのがお分かりでしょうか。

 

「文字だと、よく分からないよ~」

 

OKです^^ 動画を撮影してみました。

 

1.はじめがクラブを挟んでいるところ=懐が狭くなっている状態

2.そこから腕はそのままの位置にしておいて、
 少し胸を後ろに回し、クラブが落ちたところ=懐が広くなった状態を表現してみます^^/

 

 

 

「うん、わかったよ。なんとか分かる感じだけど、本当に微妙だね」

 

後ろからも撮影してみたので、その微妙を感じてみてくださいm(_ _)m

 

 

どうでしょうか?

微妙さが伝わりますでしょうか^^;

 

微妙なこの「胸と左腕の関係の違い」が、胸の前から手が外れるか、外れないかの差ですね。

 

この微妙を体験していただきたく「ゴルフ上達体感サイト」を書いています^^

ぜひ、微妙を楽しんでください^^

 

そして、この「懐の感じをキープ」しながら、ゴルフクラブを振ることができれば、

「両手はいつも胸の前を維持できる」と思います\(^^)/

 

「でも、どうして「両手が胸の前が、方向性が良くなる」こととつながるの?」

「それに上田プロは、懐が狭くなった(三角形がつぶれた)ままだけど、どうするの?」

 

良い質問ですね。

そちらはゴルフエッグさんのサイト

「0.02秒の違い!ゴルフの方向性と飛距離アップを図るゴルフ上達法」

をご覧下さい。

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する