ゴルファー必見。 お役立ち情報!

習慣☆ストレッチ【股関節】

ゴルフポーズ

 

 

ついついやっちゃう、簡単ストレッチシリーズ第3回♪

今回は  「股関節」ストレッチをご紹介します。

 

 

 

 

どんなスポーツにおいても股関節の柔軟性の大切さは謳われていますが、

ゴルフにおいてもやはり重要です。

 

股関節に柔軟性がないと、うまく体が回転できません。

すると、スイングでの体重移動の際に

腰が横流れ(いわゆる「スウェー」)してしまうため、力が逃げてしまいます。

 

また、股関節の柔軟性を上げることで、腰にかかる負担も軽減できます。

 

股関節の柔軟性の大切さが伝わりましたでしょうか?

 

 

股関節の柔軟性が大切なスポーツといえば

股割りなどのイメージもある「相撲」です!!

 

ということで、

今回は相撲の「あのポーズ」のストレッチをやってみましょう!!

 

簡単ストレッチ股関節

 

肩幅に両足を広げて、腕を伸ばします。

 

体の中心にクラブをつきます。

 

膝を大きく曲げ腰を落として背中を伸ばします。

 

クラブを支えにした四股のイメージです。

 

 

ちなみに、クラブを持った時にストレッチを思い出して、習慣化してもらえたらということで

クラブを使ったストレッチを紹介しているのですが、

クラブを使わずに、日常生活で出来るストレッチもたくさんありますよね。

 

 

ストレッチを習慣づけると、「怪我の予防」はもちろん

「運動やトレーニングの効率上昇」「自分の能力の最大限発揮」につながっていきます。

 

そして日常生活に取り入れることで、ゴルフだけではなく、

代謝が上がったり、ストレスの軽減など、健康面にも繋がっていきます。

 

健康があってこそ、ゴルフを楽しめるというものです。

ストレッチの大切さを意識して、ぜひ習慣化していきましょう!!  

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する