ゴルファー必見。 お役立ち情報!

3パットをなくしてスコアを縮めよ!!

 

 

スコアを縮める近道は3パットをなくすこと!!

 

分かってはいるけど、コレがなかなか難しいですよね。

パット上達に必要なポイントは主に3つ!

 

「ライン読み」
「セットアップ」
「ストローク」

 

 

今回は、初回と言うことで、まずは自分で簡単に出来る
「基本的なストロークを固める練習」
をご紹介します。

 

 

1.脇に意識を集中させて

 

golf-1243325_640

 

 

脇にクラブやタオルなどを挟んで練習してみましょう。

腕ではなく、肩の回転を意識してみてください。

 

脇に意識を集中させることで、余計な動きをせず、
ボールをまっすぐに転がすという感覚を
身にけることが出来ればOKです。

 

特に、左ヒジが引けてしまうという癖のある方には効果的です。

 

 

 

2.ヘッドの両端に障害物を置く

 

パター練習法

 

 

続いてはヘッドのトゥ側とヒール側にそれぞれ
コインやペットボトルなどの障害物を置いて
ヘッドを当てないようストロークする練習をしてみましょう。

 

はじめは余裕をもったところに障害物を置き
徐々にその幅を狭めて難易度を上げていきましょう。

 

 

トゥ側とヒール側それぞれの障害物を
1センチずつの隙間まで狭めてストロークしたとき

どちらの障害物にあたりましたか?

 

 

トゥ側 肩のラインが開いており、ヘッドは外側から下りてきているということ。

 

ヒール側 肩のラインは閉じており、ヘッドがインサイドから抜けているということ。

 

 

打ち出しから左右にブレてしまう場合は
打点もブレているということ。
打点が安定すれば、イメージしたところへ打ち出すことができます。

 

 

パッティングの練習は地味ではありますが、
精度の向上はスコアアップへの近道、練習あるのみです。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する