ゴルファー必見。 お役立ち情報!

GM厳選!楽天GORAで全国ゴルフ場予約

GM厳選!楽天GORAで全国ゴルフ場予約

GM編集部は、楽天GORAによるゴルフ場予約サービスを展開中です。10月は名設計家のゴルフ場特集です。

上田治
1907年(明治40年)大阪・茨木市生まれ。京都大学農学部卒業後、関西の名門廣野ゴルフ倶楽部(兵庫県)の造成にスタッフとして参加。同ゴルフ場の支配人を務めた後、独立して多くのゴルフ場設計に携わる。どんな地形であっても果敢に挑戦して設計した姿勢もあり、雄大な男性的なイメージのゴルフコースが多い。古賀ゴルフ場(福岡)下関ゴルフ倶楽部(山口)など西日本のゴルフ場を中心に活躍した。

安田幸吉
1905年(明治38年)東京生まれ。東京ゴルフ倶楽部にキャディとして入り、その後プロゴルファーに転じる。タイトルとは無縁だったが、日本のプロゴルフ草創期の名選手として活躍。引退後は、小樽カントリー倶楽部(北海道)など全国の多くのゴルフコース設計を手がける。日本庭園を思わせる柔らかな表情のコースが特長で、だれもが楽しめる設計を信条とし、プレーヤー出身ならではの配慮の行き届いたゴルフ場が多い。

編集部厳選の全国のゴルフ場をご紹介します。
東日本地区のおすすめはこちら。西日本地区のおすすめはこちら

今月のイチオシ!

東日本地区

甘楽カントリークラブ
(群馬県甘楽郡甘楽町天引1955 上信越自動車道・吉井 10km以内)
初心者にも配慮のある安田幸吉氏の「らしさ」を感じさせるゴルフ場。多彩な料金設定の効果もあり、多くのゴルファーを受け入れている。フラットなコースレイアウトで不自然なつくり込みがないため、全体に「やさしめ」の設計。ただ、巧みに配置された木々や、落としどころのフェアウエイが狭くなるなど「簡単なコース」ではない。経営母体が変わり、かつての名門クラブの敷居の高さはなくなったが、丁寧なコース整備など名門の誇りは随所に感じられる。

西日本地区

加西インターカントリークラブ(旧:山陽CC)
(兵庫県加西市中富町1668 中国自動車道・加西 5km以内)
大阪市中心部からでも1時間余り。中国道加西ICすぐの好立地。上田治氏の設計である。1番ホールから、第一打が打ち下ろし、第二打が打ち上げと豪快なホールレイアウト。「打って打って打ちまくれ!」とばかりに4番までは、ガンガン打たせるホールが続く。ところが、一転5番は池越えショート、ドッグレッグ3ホールを挟んで、再び9番で池越えショートとなり、技術力を問うホールへ転換。硬軟取り揃えた大胆なグランドデザイン。上田ファンならずとも一度は回りたいコースだ。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する