ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Category: くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!


くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ! Ⅶ

ドリルのツボ!

 

 

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

今回は『ゴルフのリクツ!!』との連動企画です。

 

今回は、フェースの芯でボールを打つためのドリルです。

 

『ゴルフのリクツ!!』でもあるように、ソールを地面から浮かせてパッティングすることは、とても効果があります。

 

どれだけ浮かせるか?それは約1cm!

 

ボールの直径約4cmとパターのフェース面が約2~3cmそれを調整する数字。それが約1cmという値になります。

 

ただ、どの程度ソールが地面から浮いているのかを確認することは難しいですね。感覚的に浮かせる1cmというのは、厳しい数字でもあります。

 

ですから、できるだけドリルで感覚を身につけてください。

 

では、その方法ですが、図のようにティを挿して、フェースの芯の位置が赤道面になるように調整します。

1

 

 

あとは、何度もボールを打って感覚を身につけるドリルです。

 

・しっかりと回転がかかっているかどうか。

・ボールが芯で当たっている音がするかどうか

 

をチェックしながら練習しましょう。

 

はじめのうちは、

のような道具で、ボールが当たった位置を確認するとよいでしょう。

 

あくまで感覚を身につけることが重要です。なれたら、ティーを抜いて、またボールが当たった位置を確認してください。

 

ティがあってもなくても、ボールの赤道面がしっかりとフェースの芯に当たっているかどうかを確認しながら感覚を身につけていってください。

 

パターの下のことなので、視覚的に正しい情報を得ることは難しいので、音を大切にしてください。

 

芯に当たった音がしっかりと再現できるか。最後は、それを判断根拠にできるように練習をつんでいきましょう。

くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ! Ⅵ

ドリルのツボ!

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

 

新シリーズで扱うのは、かかし素振り?ともいうべき、両足をそろえて行う素振りです。両足をそろえて立ち、その姿勢から素振りをします。

 

このドリルの解説の最終回です。

 

今回は、このかかし素振りと実際のスイングとの連動性です。

 

このかかし素振り。腰の回転を正しく身につけることができるドリルですが、実際のスイングに応用するときは、あることに気をつけるともっとこのドリルのよさが発揮されます。

 

それは、膝の使い方です。

 

使い方といっても、とくに難しいことは、ありません。

 

002-300x253

 

このかかし素振りで身につけた膝の感覚を通常のスイングで生かすことです。

そこで、気がつくことがあります。

 

それは、膝は意外に外を向かない。言い換えると、膝は意外に動かない。ということです。

図を見れば、それはよくわかると思います。通常のスイングでも、かかし素振りでも、膝の向きはほぼ同じです。

 

かかし素振りで見つけた腰の回転の感覚は、足を開いてもそのまま変わらない。

 

つまり、足を開こうが閉じようが、回転の感覚は同じだということです。

 

このドリルは、腰の回転は、足の開きとはあまり関係なく、回す必要があることを教えてくれます。足を閉じて回転のイメージを感覚的につかみ、足を開いたスイングも基本的に同じとしてスイングする。

 

この感覚をぜひ、このかかし素振りで身につけてください。

くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ! Ⅴ

ドリルのツボ!

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。新シリーズで扱うのは、かかし素振り?ともいうべき、両足をそろえて行う素振りです。両足をそろえて立ち、その姿勢から素振りをします。

 

このドリルの解説の2回目です(前回の内容はこちら)。

 

今回は、トップからフィニッシュまでを扱います。

 

このドリルは、両足をそろえて立った状態で、スイングをすることによって腰の回転の感覚を身につけることができます。特にトップからの動きは重要ですので、正しく理解してください。

 DM4

トップから腕を下ろしてくるとき、腰はしっかり回転している必要があります。なぜなら、腰がしっかり回らないとクラブの通り道を確保することができないからです。

 

トップまでの動きで捻転させた、腰(またはお尻)をクラブの通り道を作るように回転させます。腰(お尻)の目線では、クラブに当たらないように逃がすと言ってもいいかもしれません。

 

そうすることで、クラブは力強くあなたの目の前を通過していってくれるでしょう。このドリルは、原則してどこでもできる素振りのドリルとして、ご紹介しています。ゴルフ練習場で行うならば、実際にボールを打ってもいいでしょう。

 

もちろん、前回お話したように膝のゆとりは意識してください。

 

実際にボールを打ってみると思いの外、よく飛ぶはずです。とくにアイアンなどは、過度にまでに体重移動を意識しなくてもいいとわかるはずです。

 

次回は、このかかし素振りで身につけた感覚を実際に生かすテクニックをご紹介します。

くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!Ⅳ

ドリルのツボ!

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。今回から、新展開です。

 

新シリーズで扱うのは、かかし素振り?ともいうべき、両足をそろえて行う素振りです。 写真のように、両足をそろえて立ち、その姿勢から素振りをします。

 


Golf Swing / danperry.com

古くからよく知られたドリルですが、効果はバツグンです。

 

このドリルがなぜよいのかを理解しておきましょう。なぜなら、理解している、理解していないは、効果に大きく影響を与えるものだからです。

 

このドリルのポイント、身につけるべき事柄をまとめておきましょう。 今回は、テークバックからトップまでです。

 

(1)大切な膝のゆとり

 

両足をそろえて立ったときに、まず感じてほしいのは、バランスへの意識です。両足をそろえていますから、膝にゆとりがないと、上半身を動かす動作はできないことがわかると思います。ですので、膝にサスペンションのような役割を与える意識を持つことがポイントです。

 

膝のゆとりは、バランスを保つ役割として重要だということを理解してほしいと思います。

 

 

 

(2)テークバックの腕の動き

 

このドリルでは、テークバックのときの腕の動きを、身につけることができます。特にスエーで悩んでいるゴルファーはぜひ、ここを意識してください。

 

テークバック時に、クラブが右に流れると、立っていることが難しくなります。試しにわざとクラブを右に流してみてください。身体はクラブに引っ張られるように、右へ倒れます。

 

ですから、どこかのタイミングで、腕を振り上げないといけない。それが、どのタイミングでクラブを上にあげていけばよいのかのコツを感覚としてつかむには、最適なドリルです。

 

また、アイアンのようなコックを使うスイングの場合は、コックを入れるタイミングも同時につかんでいきましょう。

 

 

(3)腰の回転の重要性

 

また、腰の回転の重要性を理解する点でも重要なドリルです。腰の回転とは、お尻の動き。お尻がしっかり回りきれれば、背中はターゲットの方向を向きます。

 

このように、理想的な捻転をうみだすための腰の感覚を何度も素振りをすることでつかんでいきましょう。

連載第3回。くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!

ドリルのツボ!

 

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、新連載「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

 

最初のテーマはパットのドリルをご紹介しています。

 

前回は、「2mパット」のパットが入らない方向けのドリルをご紹介しています。はこちら

 

「2mパット」が入らない方の大半がフェースが閉じている(または、開いている)問題を抱えています。今回は、それが深刻な方向けのドリルをご紹介します。

 

まずは、フェースのずれを矯正するドリルをご紹介します。

やり方は、簡単です。パターのトゥとヒールの幅に合わせて、ティを挿してゲートを作ります。ティを挿せない場合は、 ボールマーカーなどを置いてもいいでしょう。

 

このドリルのコツは、出来る限り、幅にゆとりを持たせないこと。

少しでもずれるとゲートに触れるのでは?と心理的にプレッシャーを感じくらいの幅で問題ありません。パッティングにとって、フェースのずれは致命傷です。そのずれを矯正するためには、フェース面の意識を高めておかなくてはいけません。

 


golf – pap put / sebas

右手または、左手主導でパッティングをしている方は、片手でパッティングをすることもおすすめです。そのときは、1mくらいの短いパットで、ゲートをまっすぐ通過することを意識しながらボールをどんどん打っていきます。

 

そのとき、なるべく頭を上げなように意識しましょう。ボールを目で追わず、音でカップインしかどうかを判断する方法もおすすめです。

連載第2回、くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!

ドリルのツボ!

 

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、

新連載「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

最初のテーマはパットのドリルをご紹介しています。

 

前回、「2mパット」のドリルをご紹介しています。前回の内容はこちら

 

上達と問題点の発見をもたらす「2mパット」のドリル。心の壁を打ち破ることも目的としています。

今回は、その「2mパット」が入らないゴルファー向けのドリルです。

 

2mパットが入らない。

 

これは、深刻な問題が隠れている可能性があります。

 

その深刻な問題とは、

 

フェースが閉じすぎているもしれない。

 

ということです。ゴルファーのタイプによっては、開きすぎているかもしれません。

 

パッティングにおいて、議論になるのは、ストロークの問題ですが、それ以上にフェースがまっすぐになっているかどうかは、より重要です。

 

たとえ、正しいストロークをしていても、フェースが開閉していれば、パットはうまくいきません。

 

そして、さらに問題なのが、自分のフェースが開閉しているかが、自分ではわかりにくいことなのです。

第三者に横から見てもらってフェースを見てもらえればいいのですが、なかなかそれは難しい。

 

今回は、フェースをまっすぐにするドリルをご紹介します。

 

まず、ボールをセットし、目標方向の50cmのところにボールをおきます。ボールを10球程度うちます。すべてボールが当たるかどうかをチェックします。

 


All in the Concentration_MG_5894 / Kool Cats Photography over 2 Million Views

ここで、何球か前方のボールに当たらない場合は、フェースはかなりずれています。

 

そのときは、フェースのずれを意識しながら、すべてのボールが当たるまでくりかえします。

 

ボールをセットしたときのセルフイメージの段階でフェースがずれていることが多いので、それを「きちんと前方のボールが当たるかどうか」を判断材料にして、修正をかけるのです。

 

そしてずれを修正しながらボールの位置を1mまで伸ばして、正しいフェースの位置を決めていくのです。

 

ボールが左にずれる場合は、閉じる傾向にあり、右ずれる場合は、開く傾向にあります。

 

多くのゴルファーは閉じすぎていますので、イメージより開き気味にする意識を持ちながら自分の正しいフェースの位置のイメージを確立してほしいと思います。

DRILLのツボ!

ドリルのツボ!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回から、上達するためのドリルをご紹介する「DRILLのツボ」の連載を開始します。

継続は力なり。正しい、継続的な練習はあなたを上達に導いてくれます。

正しい練習を継続的に行い、反復の効果を実感してください。

 

第1回のドリルは、「2mパットを打つ」です。

 

いきなり難しいドリルをご紹介してもはじまりません。初回はシンプルなドリルのご紹介です。

なぜ、2mなのか?それは、まずは「心の壁」を打ち破るためです。

 

2mのパット。入れごろはずしごろの距離であるためか、2mを寄せワンでいいと考えるゴルファーがそれなりの数いらっしゃいます。 もしあなたが、そのようなゴルファーで、上達したいと考えるならば、ぜひこの機会にこの「2mのパット」のドリルに取り組んでみてください。

 

ドリルを実行するにあたり、絶対に守るべきルールがあります。それは、「ショートするのは絶対にダメ!」ということ。

 

オーバーする、右に左にそれるのは、まずは問題ありません。ショートしないように打つというのが、このドリルの「ツボ」です。

 

この2mパット。パッティングに問題を抱えていると、なかなか入りません。もし、2mパットの練習を繰り返して、入らない距離だなと実感したら、ぜひフォームをみなおしてみましょう。何か問題が見つかるはずです。

 

パッティングに問題を抱えていると、なぜ2mパットは入らないのか。次回はそれを考えます。もちろん、それを解決するドリルもご紹介します。

 

RSSリーダーで購読する