ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Category: ショートゲーム・マスター!


ショートゲーム・マスター・コラム

ショートゲームマスターコラム

コラム形式の「ショートゲーム・マスター」。

第2シリーズのテーマは、アプローチのケーススタディ。状況に応じた、アプローチの方法を学びましょう。

今回は、ベアグランド状態からのアプローチです。


Under the trees / blmurch

芝がほとんどなく、土がむき出しなった状態でボールが止まってしまった。凸凹した表面からどのようにしてアプローチをすべきか?について考えましょう。

 

ベアグラウンドは、ビジュアル的な圧力がとても大きい状況ですね。まずは、ダフってしまうのではないかという恐怖がまず先に立ちます。

 

しかし、そこでクラブのクラブを鋭角に入れてしまうと結果は最悪です。よりダフが多くなってしまいます。

理由は簡単です。クラブを鋭角に入れてしまうと、ボールとの接地点が少なくなってしまいます。

 

地面のことを気にするあまり、そのような選択をしてしまいがちですが、やはり、通常のアプローチと同様に、クラブを鋭角に入れるリスクはなくなりません。

 

地面が芝でなくても、アプローチでは、クラブは鋭角に入れてはいけません。

ですから、ベアグラウンドでも、クラブはより水平に入れていきましょう。

 

フェースは開き、出来るだけ地面を滑らせるようなイメージです。

 

しかし、地面は凸凹の土。芝でありません。芝のようには滑りません。そこで、ベアグラウンドならではの工夫が要ります。

 

それは、地面が土であることからくる特長への備えです。

 

地面が土であれば、抵抗力が増します。これ対応するために、クラブは短く持ちましょう。

 

さらに、ボールは、足の右側におきます。こうすることで、ヘッドスピードを利用するよりも、低速の状態でもクラブからボールに伝わる力の大きさを利用してボールを打つことができます。

 

ベアグラウンドだからといって、アプローチの基本は同じです。どんな状況でも通用するから基本なのです。

 

そして、それをベースに状況に応じた対応をすること。今回の場合は、それが、クラブを短くもつこと、低速の状態でボールを打つことなのです。

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(終)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話ししてきました。今回はシリーズ最終回です。

 

前回は、チップショットのスイングのポイントについてお話しています。前回の内容はこちら。最終回の今回は、左足下がり、左足上がりでのクラブ選びのポイントです。

 

▼いつも平坦な場所で打てるわけではないチップショット

 

チップショットに限らずアプローチショットを打つ状況は、必ずしも平坦ではありません。大なり小なりの傾斜から打つことは十分に想定されることです。そのための基本的な考え方をしっかり確立しておきましょう。

GM12

 

 

 

左足上がりのポイントは、傾斜線とクラブで形成される角度です。これは、必ず直角になるように注意しましょう。

これを怠ると、大きなミスにつながりやすくなります。その理由は、スイング軌道に問題が生じ、結果としてクラブヘッドが地面に刺さるように入ってしまうからです。

 

これは、ダフリの大きな原因になります。さらにダフリを避けようとして、トップになることも多くなりがちです。

 

▼チップショットの原則は、「低く打ち出す」。だからロフト角に注意!

ランで距離を合わせるチップショット。できるだけ、ボールは、低く打ち出すことが原則です。前回も触れましたが、アンダーハンドでボールをトスするイメージのボールの軌道を理想とすべきです。

 

理由は、低いボールで転がす方が、距離感が合わせやすいからです。

 

ですから、打ち出す角度はできるだけ小さく。つまり、ロフト角は小さくする工夫が必要です。

そこで、左足上がりの場合は、ロフト角が傾斜の分、角度が大きくなっていることに注意します。

斜面の角度を考慮して、クラブを選択していきます。

 

▼最後に

 

今回のショートゲームマスターは、チップショットについて、お話してきました。チップショットは、ドライバーショットやパッティングに比べて、安定感があります。

スコアメイクの影の主役となるまで習得するに値するショットです。ぜひ、好スコアをうみだす原動力になれるように練習してみてください。

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(4)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話します。オングリーンを逃したときに、力を発揮するチップショット。このショットの技術力を高め、スコアアップにつなげましょう。

 

前回は、チップショットのスイングのポイントについてお話しています。。前回の内容はこちら。今回は、チップショットのクラブ選択のポイントです。

 

▼チップショットはランを軸に考える

 

チップショットは、「転がす」ことを目的にアプローチするショットです。考えのベースは「転がり」つまり、ランであるべきです。キャリーは、ランの都合によって決まり、そして、キャリーの都合でクラブ選択が決まってきます。

 

 11GMSGM

▼キャリーとランの比率の法則

 

ボールの落とす位置は、グリーンエッジから1Y付近。そこまでをキャリーとすると、図のAがキャリーの距離となります。そして、そこからピンまでの距離がランが図のBとなります。

 

その比率に対する法則が、

 

A(キャリー):B(ラン)が1:1程度ならば、ロフト角の大きいクラブ、SW、AW、PWを使い、高く打ち出す。

 

A(キャリー):B(ラン)が1:3程度ならば、ロフト角の(比較的)小さい9I、8Iを使い、低く打ち出す。

 

となります。使用クラブは、個人差があるのは当然ですが、概ねこのような基準でクラブを選ぶとよいでしょう。

 

 

▼ランを短くするために高くあげる。

 

高く打ち出したボールは、ランがでにくいことは、皆さんよくご存知のこと。ボールの位置から、グリーンエッジから1Yの所にボールの落とし、ランの距離が短い場合は、できるだけロフト角の大きいクラブを選びます。

 

 

▼長いランは、より低く打ち出す。

 

一方、ランの距離が長い場合は、ロフト角の小さいクラブを選びます。チップショットに適するクラブは、せいぜい6Iまで。

ランで距離感を合わせる場合、できるだけ打ち出し角は低い方が合わせやすいものです。

 

アンダーハンドでボールをトスするようなイメージの打ち出し角が理想です。

 

 

▼スイングは一定に

 

できるだけスイングは一定にしましょう。安定性がまずは重要です。しかし、若干の微調整もしたいもの。その場合は、スイングスピードで調整します。

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(3)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話します。オングリーンを逃したときに、力を発揮するチップショット。このショットの技術力を高め、スコアアップにつなげましょう。

 

前回は、チップショットの構え方についてお話しています。前回の内容はこちら。今回は、チップショットとのスイングのポイントです。

201410

▼チップショットは、縦振りスイング!

チップショットのスイングの特長は、縦振りスイングであることです。別の表現をつかえば、まっすぐ引いて、まっすぐ打つスイング。イメージは、パターと同じような軌道です。

 

▼チップショットの2つのNG

チップショットでやってはいけないミスは、2つあります。それは、インサイドの軌道になること、頭が早く上を向くことです。前者は、ハンドファーストの姿勢を崩し、後者は、トップの原因になります。

 

▼左手でイメージをつくる

前回お話したとおり、ハンドファーストの構えがそのままインパクトのイメージです。このイメージを守るために、まず左手を下げながら始動します。右手は、支点の感覚。クラブヘッドが、地面を真横に滑っていく動きをすることが大切です。すると、クラブヘッドは、自然にインサイドの軌道を描くことなく、まっすぐあがります。このときできた手首の角度は、しっかりキープします。

 

そして、まっすぐ上がったクラブの状態から、そのままのぶつける感覚で、インパクトまでもっていきます。チップショットは、左手の動きが重要。左手でスイングのイメージを上手につくりましょう。

 

▼出来るだけ頭は残す

また、チップショットで重要なことは、クラブヘッドが通過するまで、頭をあげないこと。どうしても、結果(ボールの軌道)が気になり頭が上がりやすいので、注意します。

 

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(1)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話します。オングリーンを逃したときに、力を発揮するチップショット。このショットの技術力を高め、スコアアップにつなげましょう。

 

▼チップショットの定義

 

チップショットは、チップショットと混同されがちですが、目的がまったく違います。 明確な定義はなく、あいまいに使われているようですが、この「ショートゲーム・マスター」では、以下のように、定義しておきます。

 

ピッチショット・・・高く上げて、ランを減らしてアプローチするショット。

チップショット・・・低く打ち出して、ランを使ってアプローチするショット。

 

チップショットは、ランを重視するショットでなのです。では、ランがなぜ有効なのでしょうか?

 

▼チップショットのメリット

 

グリーン上での距離を合わせるもっとも有効な手段は、「転がす」ことです。

 

グリーンエッジのパターが使えるかどうか微妙な位置でも、プロゴルファーは、できるだけパターを使おうとします。やはり、グリーンでは、転がすのいいと結論づけられているからです。

 

チップショットは、グリーンをわずかにはずし、ラフにボールがあっても、パターを使ったのと同様の転がすメリットを追求するショットと言えるでしょう。

 

 

200409_02

 

▼チップショットの落とす位置

 

チップショットは、ランを重視して打つショットなので、ボールをどこに落とすのかはあまり意識をする必要はありません。

ボールを落とす位置は、グリーンエッジから1ヤードの地点です。そこからランを使って寄せていきます。

 

ランの比率は、使うクラブで調整します。ですので、落とす位置は一定で練習しましょう。

 

ちなみに、二段グリーンなどがある場合など、障害を飛び越える必要がある場合は、ピッチショットを使います。その場合、高さをとりランを減らします。

 

では、次に実際にチップショットのスイングについてお話しましょう。

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(2)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話します。オングリーンを逃したときに、力を発揮するチップショット。このショットの技術力を高め、スコアアップにつなげましょう。

 

第2回からは、チップショットのスイングを取り扱います。今回は、チップショットの構えについてです。

 

200409_01

 

▼チップショットの構えポイント

 

チップショットにおいて、構えは非常に重要です。正しく構えることができなければ、確実にミスを誘発します。チップショットの構えには、いろんなミスを防止する「秘密」が隠されているのです。

 

まずは、それを理解しましょう。

 

▼身体の使い方こそチップショットの本質

 

スイングとしてのチップショットの特長は、2つあります。それは、「体重移動をしない」、「手首を使わない」です。

 

「~をしない」という特長を理解して、スイングに取り込むことは案外難しいものです。ですから、構えにミスを防ぐ仕掛けを作ります。

 

①狭いスタンスと左足体重

 

まずは、スタンスを狭く取ります。そして、体重の7割を左足にかけておきます。「体重移動をしない」ための工夫です。体重移動しなくても、クラブヘッドが抜けやすいように、スタンスはややオープンに構えます。

 

はじめからフィニッシュの姿勢で構えて、バックスイングをした後、構えたとおりの位置でボールを打ちます。

 

動きは肩の回転のみ。

 

このことをを意識しましょう。

 

②固定する手首

 

強くグリップしてスイングをします。理由は手首を使わないようにするために、固定するためです。手首を固定することは、このあとお話しするチップショットのポイントにとっても重要です。

 

▼道具の特性を生かすチップショット

 

チップショットの魅力は、距離に関係なくスイングは一定でいいこことです。距離のコントロールはクラブの選び方で調整します。

 

それを可能にするのが、ピッチショットの最大のポイント、ハンドファーストで構え、ハンドファーストを維持して打つということ。

 

これは、トップすることを防ぐためでもあります。トップは、クラブヘッドがグリップの位置を追い越すために起こります。ハンドファーストの姿勢の維持はトップを防いでいるのです。また、手首を固定して打つことで、このハンドファーストは保ち易くなります。

 

また、ダフりやすいのもピッチショットの特長。そのために、ボールの置く位置は、スタンスの中間。 地面が硬いなど、よりダフりやすいときは、フェースを開いてリーディングエッジを開いて打つとうまくいきます。

ショートゲーム・マスターコラム3

ショートゲームマスターコラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 


013 – Glennis Wootton / Neville Wootton Photography

 

コラム形式の「ショートゲーム・マスター」。第1シリーズのテーマは、ショートゲームでのボール選び。今回はその第3回目です。

 

▼スピン系ボールのスピンのかかりやすさ。

 

前回は、ショート・ゲームでは、スピン系のボールを使う理由をお話しました。(前回の内容はこちら

 

今回は、女性ゴルファーのボールの選び方です。

 

スピン系のボールをショート・ゲームで用いると、ショットの出来、不出来でスピン量に幅がでてしまいやすい欠点があります。

 

それは、男性ゴルファーは、一定のパワーがあるので、ショットの精度とスピン量に高い相関性があるからです。 ただ、この相関性、女性ゴルファーになるとその関係性が怪しくなります。その理由は、

 

女性ゴルファーの場合、一般に男性に比べてパワーが落ちるので、男性ほどスピンがかかりにくいという事情があるのです。

 

▼女性にメリットが多いディスタンス系ボール

 

女性のパワーの問題をサポートしてくれる有力な道具のひとつは、ボールです。ディスタンス系ボールは、ドライバーショットで力を発揮してくれます。低スピン、高反発により飛距離のサポートを図ってくれます。

ですから、女性はディスタンス系ボールを使いこなせるようにするメリットは大きいといえます。

 

▼アプローチでもディスタンス系ボールを!

 

先ほど述べたように、スピン系のボールを使っても、女性ゴルファーは、男性ゴルファーほどはスピンがかかりません。言い換えるとスピン系のボールを使ってもそのメリットを享受しにくいといえます。

ならば、ドライバーでメリットを追求できるディスタンス系ボールを普段使いし、ボールの特性に慣れた方がメリットが多いと思います。

 

また、スピンがかかりにくいボールのメリットを活かしてキャリーをうまくつかうアプローチの練習をするメリットを追求するのがいいのではないかと思います。

 

ボールの特性をうまく生かして、アプローチショットを磨いていきましょう!

ショートゲーム・マスター・コラム2

ショートゲームマスターコラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム形式の「ショートゲーム・マスター」。第1シリーズのテーマは、ショートゲームでのボール選び。今回はその第2回目です。 (第1回の内容はこちら


Concentration / Ian D

▼あなたを高みに導くスピン系のボールの短所

 前回は、ショート・ゲームでは、スピン系のボールを使うべきであるというお話をしました。(前回の内容はこちら

 

スピン系のボールをショート・ゲームで用いると、ショットの出来、不出来でスピン量に幅がでてしまいやすいという欠点があります。しかし、その欠点。とても重要です。

なぜならば、この欠点こそがあなたを上達を促してくれるからです。

 

 

その理由は、スピン量が安定しないのは、ボールの責任ではなく、打つ側の責任だからです。つまり、ショットが安定しないので、スピン量が安定しないのです。

スピン量を安定させるためには、ショットを安定させなければなりません。ですから、「練習しよう」と考えるようになります。

今の状態でいいと考えないこと。これはとても重要です。

 

▼欠点を道具で補うリスク

分析が進んだPGAツアーのトッププロのデータで、最近判明してきていることがあります。それは、トッププロと平均的なプロとの差でもっとも顕著な項目は、アプローチの差であることです。

 

アプローチの技術力が高いゴルファーが、「勝てる」ゴルファーなのです。

その点でも、回転のかかりやすいスピン系のボールを使うことで、アプローチを安定させましょう。スピンコントロールのしやすいボールを使うことで、アプローチの技術が向上しなくなるのはもったいないのです。

 

▼事情が異なる女性ゴルファー

一方で、女性ゴルファーは、ショート・ゲームでは、ディスタンス系のボールを使うことです。それは、なぜか。それは、次回のお話です。

ショートゲーム・マスター!コラム

ショートゲームマスターコラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム形式の「ショートゲーム・マスター」の連載を開始します!

第1シリーズのテーマは、は、ショートゲームでのボール選び。今回はその第1回目です。

 

▼ショートゲームで使うべきボール

 

ボールは、ディスタンス系とスピン系に分かれますが、ショートゲームでつかうべきボールはどちらなのでしょう。

結論は、はっきりしています。スピン系ボールを使うべきです。

 

ディスタンス系ボールは表面が硬くできています。そのため、フェースとの摩擦が起こりにくい。そのため、スピンがかかりにくい特徴を持っています。

アイアンショットでは、スピンがかかることはとても重要です。高くあがりやすく、止まりやすい。それは一定量のスピンがかかることによって達成されるのですから。

 

しかし、それが筆者が推す理由では、ありません。もっと重要な理由があるのです。

 

 

▼スピン系ボールの短所を、長所に。

 

スピン系ボールをアイアンで軽く打つだけで、6000回転くらいは、楽にかかります。ディスタンス系ボールなら約半分くらいです。スピンがかかりにくいと、不必要なキャリーが出やすく、ショートゲームでは致命的です。

 

その一方で、ディスタンス系ボールなら、ミスショットでも、スピンのかかりというという点ではあまり、影響を受けにくいともいえます。

 

しかし、スピン系ボールでのミスショットはそうはいきません。もともとスピンがかかり易いということは、それだけミスショット時のスピンの誤差が出やすいとも言えるのです。

 

ですから、その問題を解消するために、スピン系とディスタンス系の中間のボールを使うという解決策もあります。

 

もし、あなたがもっとショートゲームをうまくなりたいなら、スピン系ボールを使いましょう。それでも尚、スピン系ボールを推すのには、スピン系ボールの短所こそ、あなたを上達に導くものだと考えるからです。

 

次回、それについてお話します。

ショートゲーム・マスター!「パッティング。ラインを読む基礎」3

ショートゲームマスター1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パッティング。ラインを読む基礎」第3回~傾斜を読んでロングパットを制す!~  

 

▼傾斜の読み方は応用できる! 前回は、傾斜のあるグリーンでのラインの読み方の基礎を確認しました(前回の内容はこちら)。

 

5つのルーティンはしっかりマスターして欲しい基礎です。今回は、その応用編です。   ラインの読み方は、最も高い位置を基準に考えます。それは、ロングパットになっても同じです。そのことを再度確認してほしいのです。

 

▼ロングパットは2行程で考える! ある程度の距離の残るロングパットでも、まず確認することは最も高い位置であることは通常のパットと全く同じです。ロングパットであっても、最も高い位置向かって打ち出し、もっとも高い位置からボールがカップに入る方向が決まることに変化はありません。

 

ですから、ロングパットは、

(1)ボールの位置から最も高い位置までのパット。

 

(2)最も高い位置からカップまでのラインの読み。

 

の2行程で考えるとよいでしょう。

とくに(1)までが重要。ロングパットは(1)が上手くいけば、7割は成功すると言ってもいいほどです。

 

▼最も高い位置からカップまでのイメージが重要。

 

(2)の行程で、重要になるのは、最も高い位置からの曲がり方です。特に、最頂点がどこかの特定の誤りによる誤差は、ロングパットだけにミスを拡大させます。

 

慎重に見極めましょう。   最も高い位置を見つけたら、この位置からカップまでのラインをイメージします。

 

そこで大切なことは、この位置からのボールのスピード。最も高い位置をどのくらいの強さのボールが通過すればいいかを意識してください。

イメージを出す為に、この場所で素振りをするのもいいでしょう。

 

GM march

 

最も高い位置での曲がりを確認し(図の①)、ボールがカップに入る方向を確認する(図の②)。それができれば、(2)のラインが完成します。

 

▼最も高い位置へのパッティングが勝負! (2)のラインを完全にする為に、(1)のパットをどうするかを決めます。そのときは、やはり強気で打ちましょう! ネバーアップ・ネバーインです。最も高い位置へのパットは弱いタッチでは、うまくいかないものです。最も高い位置でどの程度のボールのスピードで通過させるかのイメージがここで重要になります。鏡のような高速グリーンでない限り、しっかり強く打ちましょう。

 

▼ロングパットは結局半分。 以上の議論から導き出せる結論は、ロングパットといえども、実際のパッティングは、最も高い位置までのパットだということ。あとは、最も高い位置からのラインに乗せられるかどうか。ですから、まずは正しいラインの読みをしっかり習得しましょう。

 

RSSリーダーで購読する