ゴルファー必見。 お役立ち情報!

「がんを経験された方のお話」 リンパ節が痛くなって初めて気づいた

 

 

「がんを経験された方のお話」 Yさん

  がんを経験された方々の貴重な体験談をご紹介します。

 

 

気づいた時には

※がんを経験された個人の方のお話をもとに構成しており、
治療等の条件はすべての方に当てはまるわけではありません。

 

 

 

リンパ節が痛くなって初めて気づいた
しこりのない両側の乳がん

 

 

Yさんの乳がんが発覚したのは28歳の時。
きっかけはある日、右の脇下が痛くなったことだった。
何日たっても痛みがひかず、ついに夜も眠れないほどに。

 

母も40代で乳がんを患った為、もしかしたら自分もという可能性は感じていたが、
でも、まさか20代でなるとは思っておらず、検診も受けていなかった。

 

その母に相談すると、「乳がん自体に痛みはない」と言われ安心した。
しかし、看護師の姉から、
「何にもなかったら何にもないでいいから、
 とにかく一度病院でみてもらったら?」
と言われ病院へ。

 

 

検査の結果、両側の乳房にがんが見つかった。

 

しこりを作らない種類のもので、がんはすでに乳房全体に拡がっていた。
脇の痛みは、リンパへの転移によるもので
大きさ的にも、場所的にも乳房温存という選択肢はなく、
手術で両側の乳房全摘という説明を受けた。

 

 

 

 

喪失感を持たずにすんだのは、
同時再建手術という方法をとったから

 

 

hospital-484848_640

 

主治医は、女性で同世代ということもあり
Yさんの気持ちをすごく考え、向き合ってくれた。

 

乳房全摘の告知の段階で、今までと同じふくらみをつける
「乳房再建」という手段があることまで教えてもらい、
その方法の手術を受けることにした。

 

7時間の手術が終わって目が覚めたとき、
そこにふくらみがあったおかげで、喪失感はなかった。

 

 

 

 

明るく支えてくれた、がん経験者の母

 

 

母は乳がんになってから15年たっても元気で、明るい性格。
そんなの母の存在はYさんを安心させてくれた。病院へもいつも付き添ってくれた。

 

寡黙な父は、パソコンが欲しいと言ったら買ってきたり、
猫が欲しいと言ったら2匹ももらってきたり。
「お金は気にせず、好きなようにやりなさい」と、父なりに見守ってくれた。
家族に支えられ、治療に専念できた。

 

 

 

 

保育士という仕事、職場の同僚や先輩の言葉が、
社会につなぎとめてくれた

 

 

crayons-879974_640

 

病気がわかったときは、保育士の仕事を辞めるつもりだった。
しかし、職場の同僚に「戻って来て、無理だったら辞めればいい」と言われて思いとどまった。

 

入院中の病棟の窓から見える病院の託児所の子どもたちの姿に、自分の職場の子どもたちが重なる。
見るたびに自分が働けない悔しさを感じる。と同時に「絶対、職場に戻るんだ!」と改めて強く感じ、
それを励みに治療を耐えた。

 

そして、1年間の休職を経て、いざ復帰。
ところが、右のリンパをとっているため、重たいものが持てない。
保育士なのに、赤ちゃんや、泣いている子を抱っこすることができない。

 

負い目を感じたYさんに職場の先輩は、こんな言葉を掛けてくれた。
「保育士はいろんな人がいていい。絵本が上手に読める人、
 絵が描ける人、歌が子どもと楽しく歌える人、抱っこするだけが仕事じゃない」
その言葉に支えられたYさんは、保育士としての自信を取り戻していく。

 

 

 

 

普通の30代の独身の女子として生きたい。だから働く

 

 

「今の私にとって、仕事は名刺みたいなもの。私が私です、という証明です」
働いて、そのご褒美として遊んで、そしてまた働こうという活力がわいてくる。
そうやって生きていく。

 

そんな普通のことを幸せに感じることが出来るYさん。
新しい胸も、だんだん自分の胸になってきた気がするそう。

 

同じ病気の友人との出会いや、昔からの友人、お世話になった先生方、そしてもちろん家族、
周りの人にめぐまれていることへの感謝。

 

「病気にしばられてクヨクヨするより、私は、同じ1日なら楽しんで笑っていたい。
 自分のための人生ですから」
今、Yさんは、病気になる前のようなキラキラした自分に戻れた気がしている。

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する