ゴルファー必見。 お役立ち情報!

あなたのアドレスは「見るアドレス」それとも「狙うアドレス」?

 

s-アドレス

 

 

「アドレスを見れば腕前がわかる」とよく言われますが
あなたのアドレスは「見る」「狙う」どちらですか?

 

たとえば、タイガーウッズが打つ前の一連の動作や目線を見ていれば、
どこを狙い、どんなショットで打とうとしているのかがよく分かります。
それは、ターゲットを見ているのではなく、明らかに狙っているからです。

 

ところがアマチュアゴルファーの方や、ハンディが多い人ほど、
とにかくボールに当てたいという気持ちから
意識がボールへ向いてしまっています。

 

ショットイメージどころか、
どこを狙って、そんなショットを打つのか、
その意識すらない方もいます。

 

その結果、ボールに対して両足を揃えて立ち、
片足ずつ開いてスタンスを取り
スクエアに構えようとします。

 

とにかくボールへの意識が強い為、
ボールを見ながら、ボールに対して構えてしまい、
肝心のターゲットはチラリと「見る」程度のアドレスになってしまっているのです。

 

 

 

一方、「狙う」アドレスは、
ボール後方でターゲットに対して
どんな球が飛んでいくのかを立体的にイメージします。

その仮想の弾道のイメージを持ち
それを見ながらアドレスに入ることで
ターゲットに対して打てる体勢をとります。

 

もちろん、ボールを見る時間よりも
ターゲット方向を見る時間の方が長くなります。

 

 

 

ボールとターゲットを弾道のイメージで
しっかり繋げてあげましょう。

 

そのイメージのままアドレスに入れば
体は自然とそのショットを打ちやすい体勢になるはずです。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する