ゴルファー必見。 お役立ち情報!

これからの時期、気になる紫外線対策。

 

今や美容の為だけじゃない!紫外線予防対策

 

 

 

 

紫外線には、布団や洗濯物の殺菌効果やカビの予防効果があります。
また、健康面でも骨を形成するビタミンDを生成するなど、
私達の生活に欠かすことができません。

 

しかし、最近では、
例えば、皮膚がんや白内障、しわやしみ、皮膚の老化など
紫外線の浴びすぎによる影響にも関心が高まってきています。

 

時期的にも今後、ますます強くなっていく紫外線について
予防対策をご紹介します。

 

 

 

 

1.日焼け止め
生活シーンに合わせて使い分けましょう。

 


Neutrogena Sunscreen Sunblock / JeepersMedia

 

むやみにSPF値の高いものを使用すると、
その分肌への負担も高くなってしまい、肌に良くないとも言われます。
日焼け止めは、その日の行動や自分の肌に合わせた使い分けが必要です。

 

 

 

2.衣服
しっかりした生地の衣服を着る。

 

 

 

素材として紫外線カット効果が1番高いのは、ポリエステルです。
夏場に好まれる綿素材の服は、汗はよく吸いますが
紫外線カット効果はそう高くないのでご注意ください。
もちろん分厚い素材やUVカット加工されているものは
紫外線防止に有効です。

 

 

 

3.帽子
紫外線対策だけでなく、熱中症予防にも。

 


hat / HeatherHeatherHeather

 

帽子は、頭や顔に当たる紫外線予防だけでなく、熱中症の予防にもなります。
色としては、黒が1番紫外線を遮ってくれるのですが、熱を吸収してしまうのも黒。
そこで、UVカット加工されている帽子なら色を気にしなくてもいいのでおすすめ。

 

 

 

4.サングラス
レンズの色とUVカットの性能は関係ありません。

 

 

 

日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、問題ありませんが、
長時間強い紫外線を浴びると、やはり病気を引き起こす可能性があります。
日中、強い紫外線の中で長時間過ごすときには、サングラスの着用をお勧めします。
その際は、必ず「紫外線を透過させない機能のあるレンズ」を選びましょう。

 

 

 

5.日傘
「遮光」「UVカット」機能のものを選ぶ。

 


parasol / jmettraux

 

雨傘でも差さないよりは予防効果があると言われていますが、
やはり「遮光」「UVカット」加工のある日傘が効果的。
また、日傘を差すことで、紫外線予防だけでなく、
体感-8℃前後の温度差を感じることが出来るとも言われています。

 

 

 

まだまだ、女性の美容のイメージが強い紫外線予防ですが、
皮膚がんや、眼の病気の予防といった観点からも
老若男女問わず、紫外線対策が必要です。

 

生活シーンによって、今回ご紹介した予防策を
組み合わせたり、使い分けたりして
しっかり紫外線対策をしましょう。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する