ゴルファー必見。 お役立ち情報!

オシャレの為じゃない!サングラスで眼にも必要な紫外線対策

 

ゴルフ用サングラスを選ぶ時のポイント!!

 

いよいよ、気候も暖かくなりゴルフシーズン!!
それと共に気になり始めるのが、紫外線!!

 

 

655d2b74d93c38b12fdad1d8a1bb8aa0_s

 

 

「紫外線対策は梅雨明けから」なんて方もいらっしゃるのでは?

しかし、紫外線量が急激に増え始めるのは5月とも、3月とも、言われています。
女性はもちろん今や男性だって、健康のためにも紫外線対策は必須です。

 

肌の日焼けについてはおなじみの日焼け止めや、
UVカット機能のついた長袖など対策用品も様々ですから、
最近では対策を考えている方も多いかと思います。

 

では、眼の紫外線対策はどうしていますか?

 

 

陽射しの強い日にラウンドから帰ったら
眼が充血していたなんてことはありませんか?

 

紫外線が眼に与える影響は少なくありません。
眼に紫外線を浴び続けると
白内障・黄班変性症などさまざま眼疾患に繋がるといわれています。

 

紫外線が気になるこれからの季節、
サングラスや目薬などで適切な予防・ケアを行いましょう。

 

さらに、上手なサングラス選びで、強い陽射しや紫外線から目を守るだけでなく、
パフォーマンスの向上が期待できます!!

 

そこで今回は、ゴルフ用サングラスを選ぶポイントをご紹介します。

予備知識があれば選択の幅も広がり、選びやすいと思いますので
ぜひ参考にされてくださいね。

 

 

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s

 

 

まずはチェックすべき性能

 

 

UVカット性能

濃い色のサングラスなら、紫外線をカットできると思いがちですが、
サングラスの色や色の濃さは、紫外線をカットする性能には関係はありません。
見た目ではなく、タグなどで「紫外線透過率」や「紫外線カット率」の表示を確認しましょう。

 

「紫外線透過率」

→「そのレンズがどれだけ紫外線を透過するか」を示しているので、
 数字が低いほどレンズの性能が優れています。

 

「紫外線カット率」

→「そのレンズがどれだけ紫外線をカットするか」を示しているので、
 数値が高いほどレンズの性能が優れています。

 

 

 

耐久性

スポーツで使用する物なので、少しの動きで曲がったり、壊れたりしない耐久性は必要です。
また、外傷から眼を守るという役割も考えると、傷が付きにくく強靭なポリカーボネイト製など、
素材もしっかり選びましょう

 

 

像の歪みの少なさ

歪みが大きい物では、眼が疲れてしまったり、頭痛などを引き起こすこともあります。
目的はUVカットとはいえ、集中できずに、スコアを落とすどころか、
サングラスをすることで体に不調をきたしていては、本末転倒。
実は、ここに価格の差が出るとも言われていますが、
できれば妥協せず、選びたいところです。

 

 

フィッティング

スイングや移動の度にズレているようでは、ゴルフに集中出来ませんよね。
フィット感はもちろん、上から見て顔に沿っているか、
隙間から光・風・ホコリが入らないかまで、実際に店舗で試着して確かめましょう。

 

 

他にも撥水・撥油性レンズのクリア度
さらに偏光レンズを選ぶことで
芝などからの乱反射によるギラつきを軽減することも出来ます。

 

 

 

oak-20151113-002_11《オークリー 》サングラス SKULL COLLECTION
日本限定松山英樹モデル レーダー…

 

 

続いてはデザインについて

 

 

デザインについては、やはり自分好みが1番。
しかし、ゴルフの為のサングラスということですから、
デザインにも、選ぶポイントがあります。

 

ゴルフは、足元のボールとボールを打つ方向を見る時に、視線が大きく動きます。
また下を見ることが多いという特長があります。

 

 

そこで、その視線の動きの妨げにならないよう、ふちが上半分だけについている
「ハーフリム」タイプがオススメです。(サングラスのふちのことをリムと呼びます)

 

他にも1枚レンズ2枚レンズがあります。

 

1枚レンズのよさは、フィット感です。
しかし、ゴルフの場合は、ランニングやテニスほど激しいわけではないので、
1枚レンズでないといけないということはありません。

 

 

 

 

 

1枚レンズだと「いかにも」な感じがして恥ずかしい、
かっこつけているように見られるのでは?と、サングラスに抵抗のある方には、
2枚レンズだと普通のメガネに近い感覚で使用できてオススメです。

自分のゴルフファッションなどにも合わせて好みで選びましょう。

 

 

初めてサングラスを購入される方も、買い替えを検討されている方も、
性能はもちろん、デザインや予算などを考えながら、
サングラスもクラブなどの道具と同様と考え、しっかり選ぶことが大切です。

 

 

そしてサングラスを購入したら、いきなりコースに出るのではなく、
練習場などで
サングラス着用でのプレーに慣れてから、コースに出ましょう。

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する