ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ゴルフのリクツ!! 初級者スライスを克服する(1)

ゴルフのリクツ!!2013年春シーズンは、スライスの対処法を採り上げます。

 

スライスは、ゴルファーの永遠の悩みと言われます。それは、なぜでしょうか?

 

それは、スライスが起こるメカニズムに大きく関係しています。まずは、スライスの原因を正しく理解しましょう。その後に、対処法をご紹介します。今シリーズは、スライス克服のドリルもご紹介します。

 

★スライスは、上達してもついて回る悩み 初級者のレベルにあるとき、上達すればスライスの悩みから開放されると思いがちですが、スライスは中、上級者であっても程度の差こそあれ、なかなか開放されない悩みです。

 

その理由は、スライスが起こる原因が1つではないからです。しかし、スライスの根源的な原因は、初級者が抱えるスライスの悩みです。

 

今シリーズは、この「初級者スライスを理解し、克服する」ことをテーマとします。 1回目の今回は、初級者スライスの起こるメカニズムの理解(前編)です。

 

まずは、クラブを手のひらにのせてみましょう。ドライバーであれ、アイアンであれ、フェイスが上を向くように、つまり時計回りの方向に倒れると思います。ゴルフクラブは、打点の場所がシャフトの延長線上にないため、重心の位置が異なるのです(ドライバーならフェイスの中心よりやや内側)。ですから、クラブを平面上に置けば、何もしなくても、フェイスが上を向く方向へ力が加わる特性を持っています。

 

このゴルフクラブの特性、スイング時ではどのような現象を引き起こすのでしょうか? それは、バックスイング時にフェイスを開かせる方向へ力をかけていくのです。初級者スライスに悩むゴルファーの方なら、一度は「フェースが開いているよ」と指摘されたことがあるのではないでしょうか? golf

 

ゴルフクラブは、「普通にスイングするだけ」で、フェースが開いてしまうものなのです。ですから、このゴルフクラブの特性を理解し、そのための対策を講じる必要性感じていなければ、これは直りません。

 

フェースが開いたまま、ボールを打てば当然にスライスします。 プロや上級者は、ここに神経を使っています。図のようにフェースが開かないように、前傾した背中のラインとフェイスのラインが平行となるような工夫をしています。

 

普段の素振りや練習場でのスイングであっても常にフェースが開かない意識を持ってください。時には、自分のスイングを第三者に見てもらったり、ビデオやカメラで撮影してフェースの開きがないかチェックをしておきましょう。

 

今回は、まとめとしてスライスは、ゴルフクラブの宿命なのだということを理解してください。このことを理解していないと、問題はさらにこじれてしまいます。次回はそのお話です。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する