ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ゴルフのリクツ!!ドロー、フェードに挑戦!(2)

ゴルフのリクツロゴ

 

 

 

 

 

 

ゴルフのリクツ!!2014年春シーズンは、ボールの打ち分けについて、お話ししています。憧れのドローボール、フェードボールを打てるようにチャレンジしていきましょう。

 

第2回 「方向」をコントロールする要素

 

ボールの打ち分けの基本は、「高さ」をコントロールする、「方向」をコントロールすることです。前回は「高さをコントロールする基本」を学びました(前回の内容はこちら)。今回からは、「方向をコントロールする」ことを理解しましょう。

 

(1)「方向」をコントロールすることは2階建て構造。

方向をコントロールすることができるようになることは、2階建て構造の2階部分に当たるということまずは理解しましょう。

 

「基礎」となる1階部分がしっかりできているという前提で、方向をコントロールするスキルが生きます。この基本的な思考の構造を正しく理解しましょう。

 

(2)重要な1階部分

ゴルフのリツク5月図1

「基礎」がA、「方向をコントロールする技術」がBとすると、重要性のイメージ図は3です。それほど、1階部分が大切なのです。

では、その「基礎」とは、どのようなことを言うのでしょう。それは、「体の軸」がぶれずにしっかりと「回転」するということです。

 

(3)体の軸と回転 方向をコントロールする際に、大切なことはスイングの基礎となる「体の軸がぶれずにしっかりと回転するスイング」を定着させることです。

そのための工夫は、下図のように

rikutsu may

・右ひざをアドレス時から動かさない。

・左肩が右ひざの延長線上にくるまでねじる。

こと。

 

それは、下半身を正しくスイングすることでもあります。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

ゴルフのリクツ

 

(4)1階部分が安定すれば原因を特定しやすい。

 

方向をコントロールすることは、安定したスイングの土台に、技術が乗るというイメージがもてれば、方向が安定しなくなったときにどこに戻ればいいのかが見えやすくなります。

 

まずは、軸の安定と体の回転という二つの要素が正しく出来ているかチェックしておきましょう。

次回は、「方向」をコントロール技術についてお話します。

 

 

「ゴルフのリクツ!!」をまとめ読み!!

好評連載中の「ゴルフのリクツ!!」をまとめて読みたい方は、こちら

↓ ↓ ↓ ゴルフのリクツロゴ

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する