ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ショートゲーム・マスター。チップショットをマスター!(1)

ショートゲームマスター3

 

 

ショートゲーム・マスター、第2シーズンは、チップショットについてお話します。オングリーンを逃したときに、力を発揮するチップショット。このショットの技術力を高め、スコアアップにつなげましょう。

 

▼チップショットの定義

 

チップショットは、チップショットと混同されがちですが、目的がまったく違います。 明確な定義はなく、あいまいに使われているようですが、この「ショートゲーム・マスター」では、以下のように、定義しておきます。

 

ピッチショット・・・高く上げて、ランを減らしてアプローチするショット。

チップショット・・・低く打ち出して、ランを使ってアプローチするショット。

 

チップショットは、ランを重視するショットでなのです。では、ランがなぜ有効なのでしょうか?

 

▼チップショットのメリット

 

グリーン上での距離を合わせるもっとも有効な手段は、「転がす」ことです。

 

グリーンエッジのパターが使えるかどうか微妙な位置でも、プロゴルファーは、できるだけパターを使おうとします。やはり、グリーンでは、転がすのいいと結論づけられているからです。

 

チップショットは、グリーンをわずかにはずし、ラフにボールがあっても、パターを使ったのと同様の転がすメリットを追求するショットと言えるでしょう。

 

 

200409_02

 

▼チップショットの落とす位置

 

チップショットは、ランを重視して打つショットなので、ボールをどこに落とすのかはあまり意識をする必要はありません。

ボールを落とす位置は、グリーンエッジから1ヤードの地点です。そこからランを使って寄せていきます。

 

ランの比率は、使うクラブで調整します。ですので、落とす位置は一定で練習しましょう。

 

ちなみに、二段グリーンなどがある場合など、障害を飛び越える必要がある場合は、ピッチショットを使います。その場合、高さをとりランを減らします。

 

では、次に実際にチップショットのスイングについてお話しましょう。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する