ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ノースヒル ゴルフ クラブ チェンマイでのプレー~タイでゴルフ友達になりましょ~

 

 

タイと日本を往復しながら、
仕事もゴルフも謳歌されているnagaichiさん。

 

今回はノースヒル ゴルフ クラブ チェンマイでプレーされたようです!
「タイでゴルフ友達になりましょ。」よりご紹介いたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ノースヒル ゴルフ クラブ チェンマイでのプレー

 

 

 

チェンマイ市 及び 近郊には20近いコースがありますが、
その内の一つ “ノースヒル ゴルフクラブ チェンマイ“ でプレーしてきました。

 

(前回からのチェンマイ話の続きです ・・・)
nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
 前後の記事も読めます。

 

 

元来、ノースヒルGCは「メザナイン ゴルフクラブ (Mezza9 Golf Club)」と称し
名前の通り9ホールのゴルフ場として、2011年にオープンしました。 
たった6年前のことです。

 

 


bdf8cd38ef07484fdf711c1e62e74ce3<コースの周囲に住宅が見え隠れしています>

 

 

当初、敷地内には約1,000棟、9ブロックに渡るレジデンスがあり、
これらの居住者用にオープンしたという経緯があるそうです。

 

 

その後、2015年11月に9ホールを付加し、
現在の「ノースヒル ゴルフクラブ チェンマイ」と呼称も変え リニューアルしました。

 

チェンマイ市街から20キロほど南に位置する
ハンドン地域にあるクールパント住宅街に隣接した同コースは、
チェンマイ国際空港から車で15分という、ゴルファーには最高のアクセスです。

 

 

 78d1b4e129770ac09691ed4f0a1185bb <ノースヒルGCの入り口とクラブハウス>

 

 

ノースヒルGCのオーナーのトラカン・クールパント氏は、
不動産開発業クールパント社を経営。

 

チェンマイ地域のその業界で成功し、大手3社入るゴルフ好きな辣腕オーナーと聞きました。

 

オープンして1年ほど経った頃、昨年の10月末で横浜カントリークラブは
シラチャのバンブラゴルフクラブとの提携契約が切れ、
バンコク近郊・シラチャ・パタヤ・プーケットはじめ、タイ全土のゴルフ場を、
新しい提携先として捉え多種なコースを考慮しながら模索していました。

 

 

9324d2fa067d7eb335b8a923842cd6b8 <2018年に日本オープンが開催される横浜CC>

 

 

そんな時期に横浜CCのタイ現地法人社内からノースヒルGCが候補に上がり、
チェンマイでは今までにないタイプの高級志向なモダンなコースを目指しているなど、
双方の考え方が一致。

 

早々に 昨年の8月に鴻巣文昭さんが、エグゼクティブ ディレクターとして着任しました。

 

鴻巣さんを タイ在住のゴルファーの方々ならご存知でしょう。

 

バンプラゴルフで5年、一度帰任しましたが、
グリーンウッド ゴルフクラブ(こちらも横浜CCの提携先でした)で2年、
支配人として務めたゴルフコースのプロフェッショナルです。

ご本人も「まさかチェンマイに来るとは思わなかった」と仰っていましたが、
鴻巣さんのタイでの生活はトータル8年目になります。

 

 

a0131e2a151ea2c55a38c378644f33f8<鴻巣さんと田中さんのお二人・・・ すいません、写真がよく撮れていなくて>

 

 

そして、昨年10月までバンプラゴルフに約4年間勤めていた田中参里(みさと)さんも
エグゼクティブ マーケティングとして来られています。 

 

チェンマイを含む北部にあるゴルフ場では日本人のスタッフを抱えているコースはありませんが、
ノースヒルGCには二人も日本人がいらっしゃいますので、これは観光客の皆さん達には心強いですよねぇ~ 

 

 

57bf37a4b4b91e57c18e2507aeeebfa5 <フロントがあるコース・ロビー>

 

 

同ゴルフ場で田中さんの可愛らしい笑顔で迎えらてたらスコアも良くなるでしょう。
※サイトでは、さらにコースやホテルでの話し続きます。ぜひご覧下さい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
ゴルフ情報だけでなく、タイの様子も知ることができます。ぜひご覧下さい!!

 

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する