ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ラウンド当日の朝食おススメレポート!

11月号アンケートでは、

「ラウンド当日の朝ごはんについて」
みなさまからいろいろな回答を頂きました。

朝食 理想的な和食の方や、コンビニ
ゴルフ場のワンコインモーニングなど
メニューは様々でしたが、
 
朝ごはんをしっかり食べるという意識

持っていらっしゃってさすがだな、と感じました。
 
でも、せっかく食べるなら、
ゴルフのスコアアアップにつながるような
朝ごはんメニューがあれば試してみたいと思いませんか!?

 

 

今回は

ラウンド当日のおススメ朝食レポート!をご紹介します!!

 

パンが良いのか、ご飯がいいのか?を考えると思うのですが、
それよりも、大事なのは組み合わせです。

ゴルフに必要なのは「持久力」「集中力」
そこで、以下の栄養素と働きを意識しましょう。

 

【糖質】ごはん、パン、イモ類など

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s 18ホール終わるまでエネルギーを維持するためには
糖質が必要です。
さらに集中力を高めるための
脳のエネルギー源としても欠かせません。

【ビタミンB1】豚肉、うなぎ、玄米、発芽米など

406ce706516a3a1ad4891ef44f570313_s  糖質をエネルギーに変える時に必要なだけでなく、
 脳や手足の神経の働きを正常に保つと言われています。

【ビタミンB2】レバー、うなぎ、納豆など

a0002_001706 エネルギー代謝を促進する。
気になる体脂肪をエネルギーに変える働きもあります。

【アリシン】にんにく、にら、ねぎ、玉ねぎなど

4b10b907b0c2a0f7003bc337952e2612_s ビタミンB1の吸収を助け、代謝機能を高めます。

 

さらに、イワシ、サンマ、サバなどの青魚に多く含まれる
DHAを摂取することで

脳の働きを良くして、集中力をアップさせましょう。

 

パンでもご飯でもどちらでもいいのですが、パンにしてしまうと、パンだけになってしまいがちなので
ご飯と、栄養の組み合わせを意識したおかずをバランスよく食べることが出来れば理想的ですね。

 

おすすめの朝ごはんは、

a0027_002663 a0001_012100

玄米や発芽米のごはん糖質ビタミンB1
ねぎ入り納豆や卵焼きビタミンB2アリシン
さらにサバなどの青魚の塩焼きでDHA
フルーツビタミンCを摂取できればバッチリです!!

 

とはいえ、忙しい朝に、この(旅館のような)メニューを全て用意しようと思ったら
用意してくれる家族の協力も必要ですし、なかなか非現実的かもしれませんね。

 

「コーヒーよりもフレッシュジュースを飲む」
「胃に負担の少ない物を選ぶ」
「栄養素の偏りはないか、組み合わせを考える」など
出来ることからやってみましょう。

 

一番良くないのは、何も食べないこと
          なので
難しく考えず、健康で安全にプレーが出来るよう、
落ち着いて朝ごはんを食べて、ゴルフを楽しみましょう!!
 
 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する