ゴルファー必見。 お役立ち情報!

上達道場【ゴルフは右肘が大事!3つの順序でスライス撲滅?!上達体感法】

ゴルフ歴30年以上のアマチュアシングルプレーヤーで、
クラブチャンピオンの経験を持つ「ゴルフエッグ」さんのブログより

 

今回は

【ゴルフは右肘が大事!3つの順序でスライス撲滅?!上達体感法】

                            をご紹介します。

 
ハンドルさえもゴルフの練習に使ってしまうなんて!!
傘で素振りなんてまだ序の口のような気がしますねww
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴルフは右肘が大事!
3つの順序でスライス撲滅?!上達体感法

 

始めにお断りを・・・

右打ちゴルファーとして話を進めています。
申し訳ございませんが、左利きの方は、左右逆に読んでください m(_ _)m

 

ゴルフエッグは思います。

「右肘を上手に使えるとゴルフが格段に上達する」と・・

 

「ゴルフ自己分析」でゴルフボールを打った直後の打球の飛び出しが

左に行く人は、右肘の上手な使い方ができていない人です。

今回はこの「肘」の使い方を感じていただこうと思います。

 

さあ、ゴルフ上達体感レッスンです。

 

車に乗ってハンドルを握る。これでゴルフが上達する?

突然ですが、車の運転席に乗って、

両肘を伸ばしてハンドルを握りましょう。

車をお持ちでない方は、丸いお盆でOKです。

 

握る場所は、9時15分でいかがでしょうか。

そこから、左右にハンドルを切ってみましょう。

 

止まっている車でやりますから、回すふりで結構です^^

car1(2-1)

 

 

car3(2-3) car2(2-2)

 

写真は右にハンドルを切ったところです。

手の位置を6時00分にずらしてみましょう。

そのとき、矢印の小指・薬指側の手のひらが
ハンドルから離れないようにしましょう。

 

さあ、右にハンドルを切った時のあなたの右肘は
どうなっていますか。

左写真のようならOK、右写真のように
右肘が外に張り出てはいけませんよ。

 

矢印の小指・薬指側の手のひらが
ハンドルから離れないようにすれば、
絶対左写真のような青○の右肘になると思います。

 

car4(2-4) これは、運転者(つまりゴルファー)の視線です。

このように右肘がぎゅっと入っていますか。

 

「ぎゅっと内側にしぼられた感じ」

「ちょっときつくて、小指側でハンドルを握ってられないな」

「右脇が閉まる感じ」
という感覚が体感できれば成功です。

 

この感覚で、振り上げたゴルフクラブを振り下ろしてくることができれば、

あなたは「インサイドの軌道でダウンスイングができた」と言えます。


「よしそうか!では早速やってみよう」と思われた方、ありがとうございます。

でも、練習場でいきなりこの感覚で打つと、

「右に飛び出し、なお右に曲がる、めちゃくちゃなスライスボール」が出ると思います。

 

でも大丈夫^^ それでいいんです。

もしそうなっても、打球の飛び出しが右であればいいんです。

インサイドから振れたことになりますから・・・

まずは、右に飛び出すボールを目指しましょう。
(目も当てられないスライスボールだとしても・・・)

この右肘の使い方、この感覚をまずは体感してください。

 

car2(2-2) car6(2-6)

 

ちなみに、ハンドルを左に回した時の左肘の感じは、
右肘と同じ感覚にしましょう。

初心者にありがちなのが、右写真のように
左肘を外に張り出した感じでフォロースルー
(打ち終わった後のスイング軌道)を取る人が多いです。

「ゴルフクラブを左に引っ張り込む感じで振っている」人ですね。

左肘にもご注意を・・・

 

car7(2-7) ゴルファー目線だと、こんな感じです。

これが、ゴルフボールを打った後の腕のたたみ方になります。

こちらの感覚も体感するのをお忘れなく。

 


ただし、あくまで順序は

1.右肘を絞ってきてから、

2.ボールをインパクト

3.そして、左肘をたたむです。

 

右肘、左肘の両方ができると、インサイドインの理想的なゴルフスイング軌道になります。

少しずつ、お試しあれ・・・^^
次の記事は、「このインサイドイン感覚でスイング体感しよう」です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴルフエッグさんのサイト
上達したい!壁を超えたい!あなたに贈るゴルフ上達体感サイトもぜひご覧下さい。

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する