ゴルファー必見。 お役立ち情報!

連載第2回、くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!

ドリルのツボ!

 

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、

新連載「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

最初のテーマはパットのドリルをご紹介しています。

 

前回、「2mパット」のドリルをご紹介しています。前回の内容はこちら

 

上達と問題点の発見をもたらす「2mパット」のドリル。心の壁を打ち破ることも目的としています。

今回は、その「2mパット」が入らないゴルファー向けのドリルです。

 

2mパットが入らない。

 

これは、深刻な問題が隠れている可能性があります。

 

その深刻な問題とは、

 

フェースが閉じすぎているもしれない。

 

ということです。ゴルファーのタイプによっては、開きすぎているかもしれません。

 

パッティングにおいて、議論になるのは、ストロークの問題ですが、それ以上にフェースがまっすぐになっているかどうかは、より重要です。

 

たとえ、正しいストロークをしていても、フェースが開閉していれば、パットはうまくいきません。

 

そして、さらに問題なのが、自分のフェースが開閉しているかが、自分ではわかりにくいことなのです。

第三者に横から見てもらってフェースを見てもらえればいいのですが、なかなかそれは難しい。

 

今回は、フェースをまっすぐにするドリルをご紹介します。

 

まず、ボールをセットし、目標方向の50cmのところにボールをおきます。ボールを10球程度うちます。すべてボールが当たるかどうかをチェックします。

 


All in the Concentration_MG_5894 / Kool Cats Photography over 2 Million Views

ここで、何球か前方のボールに当たらない場合は、フェースはかなりずれています。

 

そのときは、フェースのずれを意識しながら、すべてのボールが当たるまでくりかえします。

 

ボールをセットしたときのセルフイメージの段階でフェースがずれていることが多いので、それを「きちんと前方のボールが当たるかどうか」を判断材料にして、修正をかけるのです。

 

そしてずれを修正しながらボールの位置を1mまで伸ばして、正しいフェースの位置を決めていくのです。

 

ボールが左にずれる場合は、閉じる傾向にあり、右ずれる場合は、開く傾向にあります。

 

多くのゴルファーは閉じすぎていますので、イメージより開き気味にする意識を持ちながら自分の正しいフェースの位置のイメージを確立してほしいと思います。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する