ゴルファー必見。 お役立ち情報!

連載第3回。くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!

ドリルのツボ!

 

効果的な練習を繰り返して、上達を目指す、新連載「くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!」。

 

最初のテーマはパットのドリルをご紹介しています。

 

前回は、「2mパット」のパットが入らない方向けのドリルをご紹介しています。はこちら

 

「2mパット」が入らない方の大半がフェースが閉じている(または、開いている)問題を抱えています。今回は、それが深刻な方向けのドリルをご紹介します。

 

まずは、フェースのずれを矯正するドリルをご紹介します。

やり方は、簡単です。パターのトゥとヒールの幅に合わせて、ティを挿してゲートを作ります。ティを挿せない場合は、 ボールマーカーなどを置いてもいいでしょう。

 

このドリルのコツは、出来る限り、幅にゆとりを持たせないこと。

少しでもずれるとゲートに触れるのでは?と心理的にプレッシャーを感じくらいの幅で問題ありません。パッティングにとって、フェースのずれは致命傷です。そのずれを矯正するためには、フェース面の意識を高めておかなくてはいけません。

 


golf – pap put / sebas

右手または、左手主導でパッティングをしている方は、片手でパッティングをすることもおすすめです。そのときは、1mくらいの短いパットで、ゲートをまっすぐ通過することを意識しながらボールをどんどん打っていきます。

 

そのとき、なるべく頭を上げなように意識しましょう。ボールを目で追わず、音でカップインしかどうかを判断する方法もおすすめです。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する