ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ゴルフ天国・タイ! あなたは何が天国と想います?~タイでゴルフ友達になりましょ~

 

タイと日本を往復しながら、
仕事もゴルフも謳歌されているnagaichiさん。

 

今回は最近のタイのゴルフの話題
nagaichiさんのブログ「タイでゴルフ友達になりましょ。」よりご紹介いたします。

 

ブログでは
「やっぱり、タイのゴルフは開放感が違う」
「世界中のゴルフ好きが集まるゴルフバーがあるのがいい」など、
寄せられたコメントも面白いですよ!ぜひご覧ください!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴルフ天国・タイ! あなたは何が天国と想います?

 

 

タイがゴルフ天国と言われるようになったのは、いつ頃からでしたっけ。

 

そう言われるようになった要素を改めて ピックアップしてみると ・・・

 

* バンコクという大都市の周辺(車で2時間圏内)に120前後のコースがある。
* ワンバックにワンキャディ。(キャディは、ほとんどが若い女の子)
* ゴルフ場がピンキリまであるので、ゴルファーに合ったコースを選択できる。
* 手頃な料金でラウンドできるゴルフ場も多くある。(日本も安くなったけど)

 

 

* ドレスコードが無く気軽にプレーできる。
* 平日であれば、一人プレーも可能なゴルフ場も多い。
* 平日であれば、予約なしでもプレーできるコースも多くある。
* 18ホールをスルーでプレーするのが当たり前。    ・・・ 等々でしょうか。

 

他に 読者の皆さんが感じる要素は あります?

あったら、是非 コメント下さいな。

 

この中で、私は「18ホールをスルーでプレーできる」というのを 結構 重要視しています。

 

スルーに慣れてしまうと、日本式の昼食を挟むラウンドが出来なくなりますヨ、ホント。

 

 

少し前までは、私の出身地 関東では ハーフ終了後、昼食というのが当たり前でした。

 

まぁ~ 日本のゴルフは “接待ゴルフ” という独自の文化・慣習が一つの
他国にない日本スタイルでしたからネ。

 

ゴルフ場のレストランも、スタート時間に合わせて順番に客が来ることは、
無駄な待機時間もなく、スムーズにサービスできるという利点もあって好都合です。

 

それよりもゴルフ場の売上げか(笑)。

 

ゴルフ場のレストランなんて、サービスの一環でオマケのようなものでしょう。

 

それを 無理やり食事をさせるなんて、とんでもないことと 思っていました。

 

よくぞ ゴルファーは我慢してきました。

 

 

これに慣らされちゃって、ハーフで昼食とりながら休憩しないと調子が出ない、
という人も少なからずいるのも事実です。

 

日本から来た人とラウンドすると、ハーフで休みたい という人もいますものネ。

 

ところが、最近の日本では コースが空いていれば 多くのコースがスルーで、
18ホールをラウンドできるコースが増えてきたようですネ。

 

強制ではなく 選択できると 言いますから尚更 良いですねぇ~

 

今では一部のゴルフ場では、平日などのコースで多いときで半分、
平均すると3割ぐらいの組はスルーでプレーしていると聞きます。

 

いやいや 日本のゴルフ場も良い傾向になってきています。

 

 

タイのゴルフ場では、余程のことがない限り 途中で休息なんて考えられません。

 

ですから1.5ラウンドも可能ですし、早めに終わるので一日の時間を有効に使えます。

 

プレー後、時間を気にせずゴルフ談義を
ゆっくり、ビールと昼食を堪能することができますし、
朝早めに出れば、暑さも避けられますしネ。

 

タイのゴルフ天国、私は「18ホールをスルーでプレー」を 一番に上げたいですネ。
あなたは?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
ゴルフ情報だけでなく、タイの様子も知ることができます。ぜひご覧下さい!!

 

 

 

 

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する