ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Category: 上達道場~ゴルフマスターに学べ!!~


上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【バンカーショットはノーコック打法がいい】

今回の上達道場は、ウェブネットワークスさんの苦手経験に基く、バンカー ショット上達のコツを伝授していただきます。理屈が理解できれば、実践あるのみ。苦手もなくなる。砂の抵抗に負けずマスターしていきましょう。



※ノーコックはリストを固定してスイングすることです。 

 

 

画像:iStock

 

 

★★★

 

 

 

バンカーショットはノーコック打法がいい

 

 

 

 

 

体を回して打てばボールをコントロールできる

 

払い打つように軌道は鈍角でフェースに乗せて運ぶ感覚で打つ

 

 

 

私は、バンカーショットがに苦手なので、先日、上手な人のバンカーショットを見ていてヒントをもらいました。

 

体のターンで、締りのあるスイングで、インパクトで緩んでいないのです。

 

 

今までの私は、手先でクラブを大きく上げ、インパクトにかけて緩むように打っていました。

 

バンカーからボールが出ることは出るんですが、距離感が合わなかったりスピンをかけたつもりがかからなかったりと、寄せることに苦労しました。

 

 

そこで、上手な人のショットやアプローチを参考に、体の回転で打つように変えたらバンカーショットが安定してきました。

 

 

コックを使わないので、胸を回して、バックスイングで常に手が胸の前にある形になります。

 

手先で打っていたころは、ヘッド軌道は鋭角になって、ヘッドの入りがバラバラ。

 

抜けも悪いので、思ったようにコントロールできていませんでした。

 

 

 

 

しかし、ノーコックで体の回転を意識することで、ヘッドの軌道は鈍角になり、ヘッドの入り方が安定し、抜けもよくなりました。

 

 

 

イメージ的には、払うようにヘッドを入れて、ボールをフェースに乗せて運びます。

 

距離感が安定するだけでなく、スピンもかかるようになりました。

 

 

頭や手を出さずに体の回転でヘッドを出す

 

 

体を回して打つ練習をする中で、基本ポイントを確認しました。
アドレスではバンスを使うためにフェースを開くので、体ごと目標の左を向くオープンスタンスにします。

 

そしてボールは、ドライバーショットのように左足カカト線上に置きます。
ボールが左にあると、自然にダフってエクスプロ-ジョンしやすくなります。

 

 

 

 

また、バックスイングはノーコックで上げるので、体に対しては真っすぐ、目標に対してアウトサイドに上がります。

 

ダウンスイング以降も同じところを通るように下ろします。

 

ダウンスイングでタメをつくる必要もありません。

 

 

タメをつくるとスイング軌道が鋭角になってしまいます。

 

 

インパクトでは、ボールの手前にバンㇲから入れる感覚です。

 

そして、インパクト以降はヘッドが手元と頭より前にでます。

 

 

頭が突っ込んだり、手が前に出ると軌道が鋭角になってしまうので、体の軸回転に合わせてヘッドを前に出します。

 

 

また、体の回転でスイングするので、オープンスタンスに沿って、目標よりインサイドにヘッドを振っていきます。

 

 

インサイドに振っても、フェースを開いているのでボールは目標方向に飛んで行きます。

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【自宅で出来るゴルフの練習方法】

今回の上達道場は、自宅での練習のコツを伝授していただきます。練習は、毎日続けることが大事。体力7割程度で練習メニューを組むと、身も心もすっきりして続けやすくなるでしょう。長岡プロの『動画 de レッスン』で、軸がブレない方法を紹介していますので、練習ドリルも併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

★★★

 

 

 

自宅で出来るゴルフの練習方法

 

 

 

自宅で出来るゴルフスイングの練習方法は、素振りがあります。

 

素振りなら広い庭がなくても練習できますが、周囲に注意しながらできるだけ毎日行うようにしてください。

 

素振りをすることで、ゴルフに必要な筋肉を鍛えることができ、フォームの確認もできるようになります。

 

ただし、何も考えずにクラブを振るだけでは、なかなか上達しません。

 

惰性で100回振るよりも、集中して鏡をみながら行う10回の素振りの方がずっと効果的です。

 

また、いつも使っているゴルフクラブではなく、素振り用のグッズを使うのもオススメです。

 

あまりお金をかけたくない場合は、タオルを使って素振りをする練習方法もあります。

 

ちょっと高級そうな重みのあるタオルの先を結んで、結んでない方を持って素振りするだけですから、

 

出張先でも手軽に出来ちゃいます。

 

それから、パター用の練習グッズを揃えてパットの練習をするのも、スコアのアベレージを良くするた

 

めには取り入れたい練習方法の一つです。

 

 

練習場で行うゴルフの練習方法

 

 

練習場での上達するための練習方法としては、毎回テーマを決めて練習するのがオススメです。

 

ただ球数を打っているだけでは、肘や腰、膝などを痛めてしまいます。

 

一般的には、一回の練習で100球ほど打つのが適度な練習量と言われています。

 

でも、その100球を何となく打つのではなく、目標を持って打つことが上達に繋がるようですよ。

 

例えば、10球を全力で打ち、フックとスライスをそれぞれ10球ずつ打ち、高い球、低い球、距離を

変えてと打ち分けるようにします。

 

また、コースにいることを想定して打つと、集中力が増して効果的に練習できるかもしれません。

 

いくら練習しても、コースでその成果が出なくては意味がありませんから、いかに実戦に役立つような

練習メニューを組めるかが上達の鍵となります。

 

今の自分に何が足りないのかを考えて、練習メニューを組むようにしてください。

 

練習の最後には、自分の得意なことを全力の七割くらいの力でやるようにして、すっきりとしたいい気持ちで終わるようにすることも大切です。

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////

上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【ゴルフの球筋は9種類!あなたはどのタイプ?「ゴルフ自己分析」】

今回の上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜は、ゴルフエッグさんのブログより【ゴルフの球筋は9種類!あなたはどのタイプ?「ゴルフ自己分析」】をお送りします。ゴルフのミスの代表格と言えば、スライスとフック。なぜこのミスが起こるのか? 打ち出した球筋から、軌道を分析して弱点をなくすタイプ別アドバイスをお送りします。

 

 

 

 

★★★

 

 

ゴルフの球筋は、全部で9種類!

 

その球筋を分析することで、ゴルフ上達の近道が見えてきます。

 

写真を見てください。

 

 

 

 

    1. ゴルフボールが飛び出す方向で3種類(①②③)

 

    1. ゴルフの打球の曲がり具合でそれぞれ3種類。(スライス、ストレート、フック)

 

    1. 3×3の計9種類です。

 

 

みなさんは普段、どんな打球を多く打ちますか?

 

思い出してください。

 

 

ゴルフボールの飛び出す方向について分析

 

飛び出す方向=あなたのゴルフスイングの軌道

 

ゴルフはこの公式が成り立ちます。

 

右打ちのゴルファーの写真で説明していきます。

 

 

 

 

 

 

    • ・打ち出す方向が③の人

       

      アウトサイドイン(青③の円軌道)でゴルフクラブを振っている。

       

       

       

      アウトサイドインとは、その名の通りで、

       

      体から遠いところ(アウトサイド)からクラブが振られてきて、

       

      そしてゴルフボールを打つ。

       

      その後、体の近く(インサイド)に振りぬいていくことです。

       

       

 

 

    • ・打ち出し方向が①の人

       

      青③軌道の反対で、インサイドアウト(緑③の円軌道)のスイング軌道といいます。

 

    • ・②が一番よいとされています

       

      この軌道はまっすぐ引いて、まっすぐ振る、と勘違いしがちですが、

       

      内側(体の近く)から打ちに行き、内側に振りぬく

       

      インサイドイン(赤③の円軌道)となります。

       

       

       

      ゴルフボールの曲がり具合について

       

       

      曲がり具合=クラブフェースの開き具合

       

       

      インパクト(ボールを打つ瞬間)のクラブフェース面が

       

      スイング軌道に対してどうなっているかがわかります。

       

        • ・スライス(右曲りのボール)

          スイング軌道の方向に対してオープンフェース(開く、右を向く)のとき、ボールは右に曲がります。

       

        • ・フック(左曲りのボール)

          スイング軌道に対してクローズドフェース(閉じる、左を向く)とき、ボールは左に曲がります。

       

        • ・ストレート

          スイング軌道に対して直角ならば、スイング軌道の方向にまっすぐ飛びます。

       

       

      あくまでスイング軌道に対してフェース面がどうなっているかであって、

 

ターゲット方向に対してではないことをご理解ください。

 

例えば、ゴルフボールが右(上の写真の緑①方向)に飛び出して、右に曲がる(スライスする)人は

 

インサイドアウトのスイング軌道で、

 

そのスイング軌道に対してフェース面がオープン、ということですね。

 

 

 

 

一般ゴルファーにもっとも多いスイング

 

 

 

 

ゴルフ初心者に一番多いのはこの写真のスイングです。

 

アウトサイドインのスイング軌道で、オープンフェースの人です。

 

ターゲットライン(白の←)に対しては、ちゃんと直角にフェース面(赤)が合っています。

 

これはとても良いことです。

 

しかし、スイング軌道に対して、オープンフェースになっているためスライスしてしまいます。

 

「よし、フェース面はいいんだな。」

 

「だったらスイング軌道をインサイドアウトにすればいいんだな」

 

と思った初心者さんはご注意ください。

 

 

青③の左に飛び出して、右に曲がる(スライスする)とどうなるでしょうか。

 

そう、真ん中に戻ってくるのです。

 

つまり、ゴルフコースで実際に打った場合は悪い結果にはならないのです。

 

インサイドアウトのスイング軌道にしても、インパクト時のフェース面もコントロールできないと、

 

 

    • ・右に飛び出し右に曲がる。

 

    • ・どんどん右に行く。

 

    • ・OB(アウトオブバーンズ、ゴルフコース外に出る)になる。

 

    • ・スコア―がまとまらなくなり、よけい落ち込む。

 

 

と最悪の状態になりますので、ご注意を・・・

 

 

「ではどうすれば、インサイドアウトに振り、フェース面も合わせられるのか?」

 

その体感法を皆さんは知りたいところだと思います。

 

 

この後の記事で、徐々に体感法・修正法をお伝えしようと思います。

 

そんなにすぐに直ったら、ゴルフはつまらないです^^

 

「難しいから面白い!」 ゴルフはそんなものです。気長に行きましょう。

 

まだまだ楽しい時間は続きますので、

 

今回は「己を知る」ゴルフ自己分析編とさせてください。

 

こうご期待・・・

 

ということで、この後の記事もよろしくお願いします m(_ _)m

 

 

 

//////////////////////////////////////////

ゴルフエッグさんのブログをもっと見る

『あなたに贈るゴルフ上達体感サイト』こちら
//////////////////////////////////////////

上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【100を切る為にアプローチを極める】

 

スコアアップを目指す際、練習といえばどうしても、基本的な打ち方、飛ばし方に偏ってしまいがちです。各クラブで一応練習はするものの、実際コースに出てみるとアプローチが上手くいかなない… なかなかカップに寄せることができず刻んでしまうと、周りをお待たせしてしまうプレッシャーもかかり、余計焦ってしまったという経験はないでしょうか? スコアアップの鍵は、アプローチにあると言っても過言ではありません。今回の上達道場はアプローチを極めるコツをお伝えいたします。動画deレッスンと合わせて、アプローチに注目してみましょう。

 

 

 

 

 

★★★

 

 

 

 

100を切る為にアプローチを極める

 

 

 

ゴルフで100を切るためには、アプローチは絶対に必要な技術ですよね。

 

アプローチを極めるということは、つまり、ゴルフのショットが上達するということになります。

 

その上達のコツとはなんでしょうか

 

 

・構え

 

・打ち方

 

 

最初に構えですが、やはり構えというのは重要です。

 

構えがおかしいと、精確にショットすることができません。

 

しっかりとボールに力が伝わらないので、アプローチもおかしくなります。

 

具体的には、まず、スタンスを狭く取ります。

 

広げすぎると、スイングがスムーズにできなくなるからです。

 

そして、左側に体重をかけておきましょう。

 

これは、より下半身を固定させるためです。

 

次に、打ち方ですが、これは距離によって使い分けなければなりません。

 

まず、長距離の場合ですが、これは腰を据えてしっかりスイングしなければならないでしょう。

 

かといって、ドライバーのようにフルスイングをしてもダメです。

 

感覚的には、時計の9時の位置から3時の位置までスイングするイメージです。

 

次に、短い距離ですが、当然、長距離と同じスイングではいけません。

 

この場合には、足を固定して全身がブレないようにするのがポイントです。

 

それに、手先だけで打たないように気をつけた方がいいでしょう。

 

もし、アプローチを極めたいと思うのであれば、とにかくひたすら練習してスイングを体に染み込ませるしかありません。

 

 

パッティングを極めるには?

 

 

ゴルフにおいて、各コース共通することがあります。

 

それはパッティングです。

 

いくらグリーンに少ない打数でのせたとしても、パッティングが上手でなければ、打数を費やしてしまいます。

 

 

それでは、パッティングを極めるコツってなんでしょうか?

 

 

・距離感

 

・技術

 

 

まず、距離感ですが、これは重要です。

 

これがうまく把握できていないと、いくら技術があったとしても打数を稼いでしまいます。

 

しかし、この距離感というのは個人差がありますので、それを習得するにはやはり練習しかないでしょう。

 

練習においてつかんだ距離感を物差しにして、ボールとホールの距離を測ります。

 

また、パッティングは決して腕力だけで、打とうと思わないでください。

 

体全体で送る感覚でパッティングしましょう。

 

次に、技術ですが、これは確実にボールをホールに入れる技術です。

 

これが苦手な人って、ボールとホールを点としか判断してないんですよね。

 

そうではなく、ボールの位置からホールまで線があるとイメージします。

 

そして、その線の上を打つ感覚で打ってみましょう。

 

パッティングのコツを2つ紹介しましたが、これらを習得するにはやはり練習です。

 

とにかく、体が覚えるまで練習しましょう。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【ユーティリティを使いこなすコツ】

 

今回の上達道場は、ウェブネットワークスさんのブログ『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』より、ユーティリティを使いこなすコツについてお伝えいたします。
ユーティリティのヘッドの形状は、アイアン型とウッド型の2種類あり、役に立つお助けクラブとして開発されました。持っているけれど、今ひとつ活用できていないという方は、是非ご覧ください。

 

 

 


 

 

 

 

★★★

 

 

 

ユーティリティを使いこなすコツ

 

 

ユーティリティとは、ウッドとアイアンのちょうど中間的な存在だと思ってください。

 

このクラブの特徴は、FWと比べるとスイングしやすく、弾道の高い球を簡単に打てるということです。

 

また、ロングアイアンと同等の距離が打てるというのも、ユーティリティの特徴だといえます。

 

そんなユーティリティが苦手という人も多いですが、これは直らないのでしょうか?

 

結論からいうと、直ります。

 

ちょっとしたコツを掴めば、使いこなすことができるので安心してください。

 

 

そのコツとは、以下のようなものです。

 

 

    • ・用途を見直す

 

    • ・重さを確認する

 

    • ・リラックスしてスイングする

 

    • ・低く長いテークバック

 

 

ユーティリティが苦手という場合、まずは、今その場面に使うべきなのかどうかを考えてください。

 

ユーティリティを自分に合わない場面で使用している人が多いので、注意しましょう。

 

また、重さを確認して、アイアンとの重量差を縮めてください。

 

そうすることによって、安定した軌道で打つことができるはずです。

 

それに、飛距離を意識してしまうと上手く使いこなすことができないので、リラックスしてスイングしましょう。

 

そして、低く長いテークバックを意識することで、安定感や飛距離が増します。

 

 

 

 

アイアンが苦手な時の解決策

 

 

アイアンが苦手な時の解決策は、以下の通りです。

 

    • ・すくい打ちはNG

 

    • ・アイアンの確認

 

    • ・インパクトの瞬間に注意する

 

  • ・上半身が先行していないかチェックする

 

 

すくい打ちになっているとボールが安定しないので、思ったようなところに飛ばすことができません。

 

アイアンが苦手な人は、このすくい打ちになっている可能性が高いです。

 

また、マッスルバックアイアンを使用している場合には、買い替えを検討された方がいいかもしれません。

 

このアイアンは上級者向けのものなので、初心者が使用しても上手く打つことができないでしょう。

 

もちろん、上達すれば使いこなせるようになりますが、すぐにアイアンの問題を解決したいなら買い替えを検討すべきです。

 

それに、インパクトの瞬間に、頭の位置が不自然にずれているとアイアンが安定しません。

 

固定しなくてもいいので、不自然なずれをなくすようにしてください。

 

そして、上半身先行型のスイングだとアイアンは上手くなりませんから、下半身の体重移動を意識しましょう。

 

上半身が突っ込んでしまっている人は、これを直すだけでも劇的に上手くなるかもしれません。

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////

上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜【ゴルフレッスンを受けると上達が早い!】

 

今回の上達道場は、ウェブネットワークスさんのブログ『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』より、ゴルフレッスンについてお伝えいたします。レッスンを受けるべきか独学か!? 皆さんも迷ったことがあるのではないでしょうか。上達したい方は、ぜひご参考に。

 

 

 

画像:iStock

 

 

ゴルフレッスンを受けると上達が早い!

 

ゴルフの場合はレッスンを受けた方が上達しやすいのでしょうか?

 

結論からいうと独学よりも上達しやすいです。

 

レッスンを受けることで、しっかりと基礎を身につけることができます。

 

これが非常に大きなことです。

 

基礎が身についていないとゴルフは上達できないので、レッスンは受けた方がいいです。

 

そして、自分のおかしいところを修正できるというメリットもあります。

 

一人で練習しているとどこがおかしいのか気づくことができません。

 

特に初心者であれば、スイングをビデオで撮っても、何をどう修正すればいいのか分からないので意味がないです。

 

レッスンを受けることで、自分の駄目なところがハッキリと分かるので上達スピードが早いです。

 

また、分からないことがあったら何でも相談できるというのも大きなメリットだといえます。

 

これにより確実に技術を習得できます。

 

デメリットといえば、お金がかかることです。

 

レッスン料が発生するので、お金に余裕がないと受けることができません。

 

 

独学のゴルフスイングでは上達しない?

 

 

ゴルフの場合、独学だと上達しないといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと本当です。

 

独学でも上達する人はいますが、それはまれだと思ってください。

 

ほとんどの人が上達せず、伸び悩んでいるというのが現状です。

 

独学だと上達しない理由

 

    • ・基礎が身につかない

 

    • ・悪いところが分からない

 

    • ・気になることを聞けない

 

    • ・変なクセがつく

 

 

一番は基礎が身につかないことです。

 

ゴルフにおいて基礎は非常に重要なので、これができていないと上達しません。

 

独学だと指導してくれる人がいないため、基礎がなかなか身につきづらいです。

 

悪いところを指摘してくれる人がいないというのもデメリットです。

 

初心者だと自分の何が悪いのかが分からないので、いつまで経っても上手くなりません。

 

気になることをすぐに聞けないのも上達の妨げになります。

 

この場合どうすればいいのか疑問に思っても自分で解決しないといけません。

 

解決方法が分かればいいですが、分からなかった場合、間違ったフォームが身についてしまう可能性があります。

 

そして、独学だと変なクセがついてしまうことが多いです。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////

ゴルフのスライス・フックのお悩みは、背中を気にして一挙解決!!

今回の上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜は、ゴルフエッグさんのブログより「「ゴルフのスライス・フックのお悩みは、背中を気にして一挙解決!!」をお送りします。やっぱり、ゴルフでは背中が大事なんですね〜。長岡プロの動画deレッスンと連動してご覧いただくと、より道理がわかります。

 

 

 

画像:iStock

 

 

★★★

 

 

初心者ゴルファーに限らず、アマチュアゴルファーの第一の悩みは「スライスボール」ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから数回に分けて、スライス撲滅ゴルフ上達レッスンをお届けします。

→続きはこちら スライス・フック撲滅作戦第二弾 背中が難しいなら視線でゴルフの悩み解決

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えー私はフックボールで悩んでいるんだけど~」

 

はい、大丈夫です^^/

 

ゴルフエッグのスライス撲滅レッスンを応用すれば、フックボール対策にもなります

 

\(^^)/

 

だから、フックボールでお悩みのあなたもぜひ読んでくださいね。

 

さて、ではその第一回目のレッスンは・・・

 

「背中が傾くとボールも曲がる」をお送りします。

 

あなたはスライスでお悩み?それともフックかな?

 

自分の背骨の傾きを確認してみよう(*^▽^*)

 

 

 

ゴルフのスライスボール、フックボールはなぜ起こる?

 

打球が曲がることを単純に考えることから始めてみましょう\(^^)/

 

 

ゴルフでスライスボールが出るのは→インパクト時にフェイス面が開いて(右を向いて、上を向いてこすれて)当たるから

 

 

フックボールはその反対に→フェイス面が閉じて(左を向いて、下を向いてかぶって)当たるから

 

では、なぜフェイス面がそのようになるか?ですが、それには確かにいろいろな要因が考えられます。

 

今回は背中(背骨)の傾きに焦点を当てて、スライス・フックの悩み解決につなげてみたいと思います。

 

 

 

アドレス時のあなたの背中の傾きは?

 

 

あなたの背中(背骨)の傾きは次の3つの内のどれですか?

 

 

右に傾いた状態

垂直(まっすぐ)な状態

 

左に傾いた状態

 

 

 

 

持っている番手やセットするボールの位置、またライの状態や地面の傾斜などによってアドレス時の背中の傾きは変わりますが、まずは真っ平らな時を想定してお考えください。

 

どうです?ご自身はどんな感じで構えているか自覚がありますか?

 

では、ここで一つ実験してみましょう。

まずは後ろから見た場合の背骨の傾きを垂直にしてアドレスしてみてください。

 

 

 

 

当然、前傾姿勢(前かがみの姿勢)はとっていますから「背骨を垂直」と言っても直立不動でただまっすぐ立っているだけの姿勢ではありませんから、そこのところはお間違いなくm(_ _)m

 

 

もし可能なら、鏡などで確認しながら背骨が垂直だとどんな感じがするか体で感じてみましょう。

 

もちろん、構えた時のクラブのフェイス面はターゲットに向かって真っすぐにセットしてくださいね。

 

さあ、準備はできましたか?

 

では実験に入ります!!

 

 

背骨が垂直な状態から、背骨だけを右に傾けてみましょう\(^^)/

 

 

 

 

この時の注意ポイントは・・・

 

  • 1. 傾けるのは背骨だけ
  •  
  • 2. 体の他の部分はその背骨の動きに合わせて動くだけ!
  •  
  • 3.つまり、意図的に動かすのは背骨だけ
  •  

です。

 

 

背骨を右に傾ける=フェイスが開く

 

 

さあ、体感してみてください。

 

背骨を右に傾けると

→その動きに合わせて右肩は当然下がり

 

→それによりフェイスの向きが開く(上を向く)

 

いかがですか。

 

自分ではフェイスの向きを動かさないつもりでいても、背骨が右に傾けば自然とフェイスは開きやすくなる、上を向きやすくなるのです。

 

「そんなのわかっているよ」

 

とおっしゃるかもしれませんが、今一度ご自身で背骨の傾きとフェイス面の変化具合を確認しておきましょう。

 

「でもフェイス面が上を向くようにはなるけど、右には向いていない感じがするけどスライスの原因にどうしてなるの?」

 

フェイスが上を向くということは、ボールをこするような動きをするようになる、ということです。

 

つまり、ボールには右回転がかかりやすくなりスライスボールになりやすくなる、のです。

 

 

 

インパクトの時の背骨の傾き具合

 

 

さあ、アドレス時の背骨の傾き具合は確認できましたね。

 

そして次に意識してほしいのは、クラブを振っている最中の背骨の傾き具合です。

 

ゴルフで右打ちの場合、左手が上・右手は下にしてクラブを握ります。
(パターの時はクロスハンドという逆に握るやり方がありますけど(^_^;))

 

そうすると、若干右肩が下がって当然です。

 

つまり、背骨が右に少し傾いてアドレスしているのが正常ともいえます。

 

しかし、インパクトの時はどうでしょうか?

 

アドレス時の背骨の傾き角度よりもさらに右に傾いてインパクトしていませんか?

 

「ボールを上げたい」

 

「強く打ちたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思えば思うほど、ダウンスイングからインパクトにかけて、右肩は下がりやすくなるものです。

 

練習では打球の行方は二の次にして、一度自分の背骨の傾き具合がアドレス時とインパクト時では変わっていないか意識して練習してみてください。

 

スライスで悩んでいるゴルファーは、アドレスの時の背骨の傾きよりも、インパクト時はもっと右に傾いている人が多いです。

 

あなたはいかがですか?

 

 

スライス撲滅作戦

 

 

さあ、アドレス時とスイング中の背骨の傾き具合を意識できるようになったら、いよいよスライス撲滅作戦です!!

 

「背骨が右に傾いてインパクトするとスライスしやすい」

 

というならば、それを逆手にとればスライス防止につながります。

 

つまり、インパクトでは背骨を左に傾ければいいということです。

 

とはいえ、実際にはスイングの最中に

 

 

こんなに左に傾いてインパクトすることはないでしょう。

 

しかしながら「スライスをとにかく一度止める」という目的のために、インパクト時にちょっと極端に背骨を左に傾けて打ってみましょう。

 

「でも、スイングの最中に背骨を左に傾けるなんて言うのは難しいよ~」

 

最も良いのはアドレス時に作った背骨の傾きを維持したままインパクトするのがいいです。

 

ですから、アドレスの時に

「僕は背骨を右に傾けてアドレスしているから、今回はちょっと多めに左に傾けて、ちょうど背骨が垂直になるくらいにして構えてみよう」

などと考え、そしてその

背骨の傾きを維持することだけに意識を集中させながらスイングをしてみる

のです。

 

そう、背骨を「こまの軸」「でんでん太鼓の軸」だと考えて、その軸の傾きがずれないようにスイングするのです。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のベストの背骨の傾きを探ろう

 

 

いつものアドレスの姿勢を変えて、それも背骨だけを意識してスイングするのは難しいでしょう。

 

でも上記のようにやりながら、背骨の傾きをちょっとずつ変えて

 

「おっ!ちょっと違和感があるけどこれだとインパクトの感触が違ってきたぞ」

 

「フェイスの上でボールがこすれる感じがなくなってきたようだ」

 

などというゴルフ上達に向けての感覚をつかんでいきましょう。

 

そして、あなたにとってのベストの背骨の傾きを見つけてみましょう。

 

違うことをすれば違和感があるのは当たり前です。

 

上達途中ではよいショットは出ないかもしれませんが、ぜひ打球を良くするために、

 

今回は打球の行方よりも自分の背骨の傾きを意識してみましょう。

 

 

フック防止策

 

 

もうお分かりですね。

 

これまでの背骨の傾きを逆で考えればいいのです。

 

フックでお悩みなら

 

「背骨が左に傾いてインパクトしている」

 

「背骨が垂直になりすぎている」

 

かもしれないということです。

 

ゴルフではこのことを「突っ込んでボールを打ちに行っている」なんて表現もします。

 

「ボールを打とう打とう」と考えるあまり、ダウンスイングで頭から突っ込んでいくのですね。

 

それにより背骨が左に傾き、極端な場合はそれこそ

 

 



こんな感じでインパクトする人もいます。

 

特にショートアイアンなどでこの現象は起こりやすくなります。

 

ボールを右足側(後ろ、中)に置きやすいショートアイアンでも、背骨は垂直もしくはちょっと右に傾くぐらいで構えるのが正解です。

 

 

そして、インパクトでもその傾きを維持することが重要です。

 

それでもフックが出る場合は、少しずつ背骨を右に傾けて構え、そしてインパクト時でも右に傾いたままボールをとらえられるように練習を繰り返してみてください。

 

スライスよりもフックや左へのひっかけボールの方が、ゴルフの場合は大けがしやすいです(-_-;)

 

ぜひ、フックの修正にも背骨を意識してみてください。

 

 

//////////////////////////////////////////

ゴルフエッグさんのブログをもっと見る

『あなたに贈るゴルフ上達体感サイト』こちら
//////////////////////////////////////////

 

 

上達道場~ゴルフマスターに学べ!!~【パットが入らない原因】

今回の上達道場〜ゴルフマスターに学べ!!〜は、動画deレッスンと連動してパットです。
ウェブネットワークスさんのブログより【パットが入らない原因】をお届けします。理論的考察とメンタル面から原因を探っていきます。外出を控えなければならない今こそ、じっくりパットを研究してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

パットが入らない原因

 

 

パットが思うように入らない場合、何が原因なのでしょうか?

 

 

・主な原因は以下の通り

 

    • ・狙った方向にいかない

 

    • ・思っているスピードではない

 

    • ・プレッシャー

 

 

狙った方向にボールを打つことができなかったり、思っているスピードで打つことができないというのは技術面の問題です。

 

また、プレッシャーという精神的な問題もあります。

 

この2つを解決しないと、パットを入れることができません。

 

まず、パットは手首を使用せずに、下半身を固定しながら打つというのがポイントです。

 

そうすることで、フォームが安定し、ボールをコントロールできるようになります。

 

ロングパットは打ちすぎたらどうしようと弱気になりがちですが、強気で攻めてください。

 

大抵の人が弱気になってしまって、ショートしてしまいます。

 

その結果、パットのラインが分からなくなるので、注意しましょう。

 

そして、気持ちを落ち着かせるというのも非常に重要です。

 

短いパットだと決めて当然というプレッシャーが働き、体に無駄な力が入ってしまいます。

 

そのため、一度深呼吸して、リラックスしてから打つようにしてください。

 

 

パターのイップスを治す方法

 

 

みなさんの中にも、パターのイップスに悩まされている人がいるのではないでしょうか。

 

打とうとすると手が震え出したり、全く距離感が合わなくなったり、症状は人それぞれ違います。

 

本来なら、簡単に入るものも入らなくなるのがイップスです。

 

では、このパターのイップスは治るのでしょうか?

 

結論からいうと治ります。

 

ただ、治るまで時間がかかる人もいれば、すぐに治る人もいるので、その期間には個人差があると思ってください。

 

 

イップスを治すために有効な方法

 

    • ・あれこれ考えすぎない

 

    • ・違うグリップのパターンやフォームを試してみる

 

    • ・プロセスを重視する

 

    • ・不安を受け入れる

 

 

まず、一番大事なのは、あれこれ考えすぎないことです。

 

難しいことを考えると、体が緊張してしまって、思うように打つことができません。

 

そのため、何も考えずに打ってみるというのもいいかもしれません。

 

イップスを治すには、一度思考回路を破壊するのが効果的だといわれているので、いつもと違うグリップのパターンやフォームを試してみるのもいいでしょう。

 

やりづらいと感じると思いますが、そのやりづらさが思考回路を破壊してくれます。

 

それに、入る入らないの結果よりもプロセスを重視したり、不安を受け入れるという考え方もイップスの問題解決に有効だといわれています。

 

ゴルフルール後編!スイングも人間関係も良くなる初心者必見上達法

 

 

 

 

 

今月の上達道場は、ゴルフエッグさんのブログ『あなたに贈るゴルフ上達体感サイト』よりお送りします。ゴルフルールの知識的な勉強かと思いきや、技術向上に活かすとは!さすがマスターです。ルールも遵守して上達を目指す!一石二鳥のレッスンアイディアをご一読ください。

 


 

 

 

 

 

「ゴルフルールって?マナー?スロープレー?セントアンドリュース」の続編です。

 

ゴルフのルールで守ってもらいたいもの1つ!!

それは、「スロープレーの禁止!」

 

つまり、「ちゃっちゃと回りましょ」  ということです^^

 

そのためには、素早く自分のボールを見つけること!でした。

では、どうやったらボール探しが楽になるか?!

 

これを覚えると、なんとあなたは

  • ・スイングが良くなる。
  • ・人間関係もよくなる。
  • ・精神力まで鍛えられる。
  • ・もちろん、スコアもよくなる。

     

     

     

    さあ、怪しい?ゴルフ上達体感レッスンの始まりです^^/

  •  

     

    ゴルフボールの探し方、見つけ方


     

    このIT時代ですから、そのうちゴルフボールにGPS機能がついて探すことができるようになるかも知れませんね^^

     

    「そんなゴルフボール、一発で壊れちゃうわ!!」

     

     

     

     



    GPSがつくまではあなた自身で探さないといけません。

    ボール探しを楽にできるチャンスは2度あります!!

     

    それはいつでしょうか?

    「今でしょー」

    といったのは誰ですか? あなたは林さんですか(もーう、プンプン)

     

    今は今でも、あなたがボールを打った時ですよ。

     

    「おれ今、どっち打った?右?左?」なんて

    あなたはゴルフのラウンド中、よく言っていませんか?

     

    要は「自分の打ち出したボールをしっかり追いましょう」ということです。

     

    「なんだゴルフエッグさんよ~ 普通ジャン!」

     

    でも、そのことであなたのスイングまでよくなるといったらどうですか?

     

    「???????」

     

    では、もう少しお付き合いくださいね^^/

     

    ボール探しのチャンス その1

     

    ボール探しのチャンス、その1は「ゴルフボールを打ち出した瞬間」です。

    打った瞬間のボールを右打ちの場合なら左目で追うようにしましょう。

     

     

     

    「えっ?両目では見ないの?」

     

    「1秒でできるゴルフの軸!一軸二軸左の眼?|意識改革上達体感法」の記事でも書いたように、

    右打ちの人が

    • インパクトを右目中心で行うと、
    • 肩が開き、
    • よいインパクト(ビハインドザボール)ができません。

     

    左目の左端で、ボールの飛び出す方向が分かるようになれば、

    完璧なビハインドザボールに近づきます。

     

    (「1秒でできるゴルフの軸その2!意識改革上達体感法は詐欺方法?」参照)

     

     

     



    インパクトの瞬間に「今、左に飛び出した~~」など分かるようになると、

    • スイングはよくなる
    • ボールは探しやすくなる

    です。

     

    「でも、それだけじゃ、どこにボールが行ったか分からんぞ」

    そこで…

     

     

    ボール探しのチャンス その2


     

    あなたも普段からボールが落ちた場所を把握して、その地点まで歩いていくことでしょう。

     

    しかし、ゴルフエッグはあえていいます。

    「あなたのその目測があいまいなのです。」

     

    的確にあなたのボールの場所を「ロックオン」しておきましょう。

     

    ボールのある地点にいってから

    「あれ~?この辺のはずなんだけどな~ もっと先かな???」などよくある光景ですよね。

     

     

    ゴルフエッグのいう「ロックオン」とは・・・

    • 「あの三本の松の右の松から5m奥」 とか
    • 「100ヤードの表示杭の30ヤード手前で、そこから右に10m、ちょうど枯れた木が落ちているところ」

    など、もっと具体的に予測を付けておくのです。

     

    この初動捜査があいまいだから、

    「あれ???僕のボールちゃんどこ?」となるのです。

     

    • 「でもさー、変なところに打った球が行くってことは、悪いショットをしたっていうこと」
    • 「だから、がっくりして打ったボールのことなんか気にかけられないんだよね~~」

    そうですね。そうなんです。ゴルフエッグもよーーーく分かります。

     

    でも、だからこそ、そこに上級者への分かれ道があるのです。

     

    自分の気持ちを律し、悪いショットをしてしまったことを引きづるより、

     

     

     

     

    あなたが今なすべきことに全力を注ぎましょう。

     

    それはなにか!

    そう、次のショットのための準備!

     

    それが打球の落下地点を正確に把握することです。

    これができれば、

    • ボールのところにいってからあたふたすることなく、
    • 冷静に的確に判断をし、
    • ベストショットをするためのクラブ選びや
    • ライ(ボールがある地面の状態)の確認など
    • ゴルフのために時間を使えます。

     

    もし、打球の落下地点を把握できていないと

    • 時間をかけ、
    • 動き回って、
    • やっとの思いで見つけたボール。
    • でも、息を整える暇もなく、
    • 打たなければいけない。
    • そんな状況で、良いショットが生まれる?   わけがありませんよね。

     

    スロープレー防止は、何も2打罰を受けないためだけでなく、

    • 一緒に回る仲間を思いやる心と
    • 自分の気持ちを律する強い精神力
    • そして、次こそは良いショットを打つんだというあなたの思いにつながるのです。

     

    いかがでしょうか。

    ほんのちょっとした気持ちのもって行き方で、こんなにもゴルフは変るのです。

     

    「だからゴルフは小難しくて・・・おもしろい!」

     

    最後はまたまた熱くなってしまいましたが、

    ぜひ「左目とロックオン」のことを頭の片隅に入れてラウンドしていただければ幸いです。

     

    ゴルフエッグも明日からあらたに心を入れ替えてゴルフに臨む所存です・・・

    って、今日からでしょう~~

     

     

     

     

    //////////////////////////////////////////

    ゴルフエッグさんのブログをもっと見る

    『あなたに贈るゴルフ上達体感サイト』こちら
    //////////////////////////////////////////

上達道場~ゴルフマスターに学べ!!~【女子プロのフェアウェイウッドの打ち方】

今回の「上達道場~ゴルフマスターに学べ!!~」は、ウェブネットワークスさんのブログより【女子プロのフェアウェイウッドの打ち方】をお送りします。4名の女子プロゴルファーをお手本に、ありがちなミスや弱点をなくすポイントを解説しています。

 

 

 

 

ティショットを失敗してもFWで長い距離を挽回できちゃいます!

 

女子プロのフェアウェイウッドの打ち方

 

 

 

 

:酒井美紀 残り200ヤードからグリーンオン


 

テークバックが大事!三角形キープでソールが滑る

 

残り距離が200ヤードの場合、酒井美紀選手は5Wを選択します。
FW特有の幅広ソールを滑らせるためには、手を使わずに体の回転で打つことが基本ですが、インパクトだけを意識してもうまくいきません。
ポイントは、アドレス時の「肩と腕の三角形」をキープしたままテークバックすることです。
こうすれば手首をコネにクラブを真っすぐに引くことができ、体がしっかり回転します。 その結果、インパクトでも三角形を再現しやすくなり、体の上下動を防止しソールがきれいに滑ってくれます。

 

 

  • ソールを滑らせながら、ヘッドを低く長く出せばロフト通りの飛距離で真っすぐ飛ばせる
  • テークバックで三角形をキープしながら、フェースをシャット(閉じ)気味に引くのが特徴

 

 

 

:森田理香子 クリーンヒットの必須条件


 

うまく当てる事よりも体の左上への振り抜き重視!

 

FWは払い打つとよく言われますが、森田理香子選手はおすすめしていません。

 

FWはボールを上げようとする意識が働きますが、すくい打つ意識はインパクトで右肩が下がるなどのミスが出やすくなってしまいます
インパクトゾーンでの入射角をゆるやかにしようとすると、手先でヘッドをコントロールしてしまうので、スイングが手打ちになり、ダフリ・トップが出やすくなるからです。

 

それよりもフォローの形を意識してください。クラブを体の左上に振り抜く形を作ると、軌道は自然にアッパーブローになり、ボールを左寄りにセットしておけば上げようとしなくても高い弾道が打てます。

 

また、フォローだけを意識すれば、ボールにあてようとしなくなる。これもミスを防ぐコツになります。

 

 

  • 左足かかとの前にボールを置くと、ボールが上がりやすい。
  • グリップを指2本分、短く持ってクラブもコントロール性も上げる
  • ボールに合わせるインパクトはNG。
  • インパクトを意識せず「ボールは通過点」と思って振り抜くと軌道も打点も良くなる

 

 

:佐藤絵美 ミート率を上げる練習方法


FWは入射角が命!ティアップ打ちでミート&高さをチェック!
FWは地面から打てないと悪いクセが付きやすい

 

FWは長くてロフトが立っているぶん、ボールを無理に上げようとすると、すくい打ってダフったり、逆に打ち込みすぎるとロフトが立って高さが出なかったりします。

 

FWを上手に打つ佐藤絵美選手のおすすめの練習方法は、地面からではなくティアップしたボールを打つことです。
その方が、簡単にボールをミートできるので、うまく打とうとすることで悪い動きが出たり、変なクセが付いたりしません。

 

ティアップしたボールを打ったら、打球の高さに注目。
理想はレベルブローで払い打つことなので、ロフトどおりにボールが上がっているかをチェックしてください。

 

この練習を繰り返せば、地面から打ってもボールが自然に上がるようになりますよ。

 

 

  • 地面から打つとボールを上げようとして、打ち込んだりするクセが付く。
  • ティアプすると打ちやすくなるので、正しいヘッド軌道を意識できる。払い打つようなイメージで練習しましょう。
  • 高さを出すのはスイングではなくロフトです。
  • ヘッドが緩やかな角度で入れば、ボールはロフト通りに上げらます。

 

 

 

:金田久美子 FWはアイアン感覚でダウンブローに打ち込む


 

FWを払い打とうとする意識が上手く打てない原因かも?

 

FWが苦手な人は多いです。シャフトも長いし、地面の上のボールをキチンんと打って遠くへ飛ばさないといけないので、難しいクラブだと思います。

 

ソールを滑らせるように「払い打つ」とうまく打てる、とよく言われますが、。それでもミスが出てしまう人は、滑らせようとする意識がいけないのかもしれません。

 

払い打とうとすると、ヘッドを早く低い位置に持ってこようとして右肩が下がったり、体ごと左に突っ込んでしまいます。

 

これらは、ミスヒットの大きな原因になります

 

ヘッドが手前から入ってダフリがちな人は、FWもアイアンの延長線だと思って打ってみてください。

 

実際に金田久美子選手も、アイアンと同じ感覚で打ち込んでいいるそうです。

 

ダウンブロー気味に打ち込めば、地面ではなくボールからヒットできて、ヘッドが少し手前から入ってもソールが広いのできちんと地面を滑ってくれます。

 

 

  • 払い打つためにヘッドを低く動かそうとすると、右肩が大きく下がってしまうのでダフる、FWでもダウンブローに打ち込むのがキンクミ流だ
  • クリーンヒットは軸のキープが重要、軸ブレだけでなく上下も大切なので、前傾角度を変えずに振り続ける意識を強く持とう

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////
ゴルフに関する情報満載!
ウェブネットワークスさんのブログ
『シンプルスイングがベストスコアを伸ばす!』こちら

///////////////////////////////////////////////////////////