補償内容

海外での事故も補償

ゴルフ場ゴルフ練習場ゴルフの練習、競技または指導中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされた場合に保険金をお支払いします。

トラブル内容

  • ●ゴルフ場でプレー中に、後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ●ゴルフプレー中、くぼみに足をとられて転倒しケガをした。
  • カートで移動中に誤って段差に乗り上げ転倒しケガをした。
  • ●クラブを振った際に手首を捻りケガをした。

お支払いする保険金について

死亡保険金 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、傷害保険金額の全額(注)をお支払いします。
(注)既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額となります。
後遺障害保険金 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害※が生じた場合は、後遺障害の程度に応じて傷害保険金額の100%~4%(注)をお支払いします。
(注)既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額が限度となります。また、保険期間を通じてお支払いする保険金は、傷害保険金額が限度となります。
※治療の効果が医学上期待できない状態であって、被保険者の身体に残された症状が将来においても回復できない機能の重大な障害に至ったものまたは身体の一部の欠損をいいます。ただし、被保険者が症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないものを除きます。
入院保険金 事故によるケガの治療のため、入院された場合、傷害保険金額の1.5/1,000×入院日数(注)をお支払いします。
(注)事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。
通院保険金 事故によるケガの治療のため、通院された場合、傷害保険金額の1/1,000×通院日数(注1)をお支払いします(注2)。
(注1)事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限ります。また、90日がお支払いの限度となります。
(注2)通院されない場合で、骨折、脱臼、靱(じん)帯損傷等のケガを被った部位を固定するために、その被保険者以外の医師の指示によりギプス等※を常時装着したときは、その日数について通院したものとみなします。
※ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネその他これらに類するもの(硬性コルセット、創外固定器等をいいます。)をいいます。屈曲・伸展等の関節運動が可能な装具等(バストバンド、軟性コルセット、サポーター、頸(けい)椎カラー等)は含まれません。

 

保険金をお支払いしない主な場合

  • 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失によるケガ
  • 被保険者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為によるケガ
  • 戦争、暴動、地震、噴火、津波、核燃料物質等の放射性・爆発性等によるケガ
  • 被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によるケガ
  • 頸(けい)部症候群、腰痛その他の症状を訴えている場合に、それを裏付ける医学的他覚所見のないもの
  • 被保険者の入浴中の溺水(注1)。ただし、入浴中の溺水(注1)が、引受保険会社が保険金を支払うべきケガによって生じた場合には保険金をお支払いします。
  • 誤嚥(えん)(注2)によって生じた肺炎

(注1)水を吸引したことによる窒息をいいます。
(注2)食物、吐物、唾液等が誤って気管内に入ることをいいます。

保険金をお支払いするまでの流れ

1・事故受付

事故はいち早く0120-258-189 【確認事項】

  • ◆ご契約内容のご確認
  • ◆事故状況のご確認
  • ◆今後の対応のご説明
  • ◆サービスセンターのご案内

2・保険金請求書をお客様へご送付

保険金請求書を三井住友海上の担当サービスセンターよりお客さまへご送付致します。

3・必要書類をご返信

保険金請求書・必要書類を三井住友海上の担当サービスセンターへご返信します。

4・保険金のお支払い

保険金をお支払いします。

ゴルファー保険における傷害補償に関する事例

事例

■同伴者が打ったボールが右手に当たり打撲。 ■ボールを打った時に足を捻った。 ■クラブを振った際に手首を捻り痛めた。 ■ゴルフ練習場にてスイングした際に足を滑らせ捻り右足剥離骨折。 ■ゴルフ場で傾斜を歩行中に転倒し左手首骨折。 ■ゴルフ場にて乗用カートから降りる際、足を滑らせ左膝関節捻挫。

RSSリーダーで購読する