ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Archive for 2018年11月


◆GOLF-MODE 2018年12月月号◆

◆GOLF-MODE 2018年12月号|CRC-INS Newsletter

 

 

 
golflogo  

★★GOLF-MODE【ゴルフモード】★★

◆◆◆2018年12月号LINE UP◆◆◆

 

■くりかえしてうまくなる。DRILLのツボ!■

インパクトを中心に考えた素振り練習法

 

■上達道場~ゴルフマスターに学べ~■ 

ゴルフヘッドスピード+軸安定+左ひじ引け防止の
トリプルアップのさらなるアップビュビュ素振りって?

 

■海外ゴルフ情報■

ワンノイプレステージとしてリニューアルオープン!

 

■お役立ちコラム■

電動アシスト自転車による事故が増えています

 

■TRAVEL-MODE■

ゴルフや旅行で海外へ行くなら
TRAVEL-MODE

   

・・・・・・・・・・・・・

【GOLF-MODE】ゴルフモードは『ゴルフ保険.com』契約サイトより三井住友海上の ゴルファー保険を平成19年1月以降ご加入頂いたお客様を対象に『中央リスクコンサルタント』がお届けしています。

 

 

 

 

「GOLF-MODE 2018年12月号」

 

 

 

 

ゴルフポーズ

 

 

 

こんにちは、編集部 Kamadaです。

 

 

私は、つい1カ月前まで、まだ日中半袖で

得意げになっていたのですが

最近では、トレーナーに上着を着ていても寒くて

人のひざ掛けまで借りる始末です。

 

紅白や流行語大賞、今年の漢字などが話題に上り始めると

(個人的にはヒット商品のランキングも気になります)

今年もあと少し……

自分の1年を振り返ってみると、忙しいながらも

資格取得や小旅行、10キロマラソンなど、

頭も心も身体も動かして、満足な1年でした!

 

私の性格上、毎年満足しているんですけど

来年は、もっと頑張ったと言える年にしたいと思います。

 

今年も残すところあと約1ヵ月。

皆さんはどんな1年でしたか?

 

 

今月もGOLF-MODE 2018年12月号
ご覧頂きありがとうございました!!
次回もどうぞお楽しみに♪

 

   
皆様からのゴルフのお話をお待ちしております。
  ぜひGOLF-MODE編集部へ♪

       ↓ ↓ ↓

 

インパクトを中心に考えた素振り練習法

 

ゴルフのスコア向上において、
ドライバーの飛距離アップは欠かせません。

 

そこで、飛距離をアップさせるために重要なことがあります。

 

それは、インパクトです。

 

どうすればしっかりとボールに当たるのか?

インパクトを中心に考えた素振り練習法をご紹介します。

 

 

あなたは、スイングのスタートとゴール、意識していますか?

 

多くの人は、アドレスをスタートと意識してしまっています。

 

しかし、それでは、そこへ戻すイメージが働いてしまい、
アドレス位置をゴールと意識してしまいがちです。

 

 

 

そのイメージがヘッドを加速させる動きの妨げになり
振り遅れの原因となってしまいます。

 

 

重要なのは、ドライバーをしっかり振り抜くことでスイングを加速させ、
ヘッドスピードを上げることです。

 

ゴルフとは、止まっているボールを打つ、つまり、0を1にするスポーツ。

だからこそ、インパクトが重要なのです。

 

 

そこで、インパクトを中心に考える!

 

インパクトを中心に考えると、ヘッドを最も加速させるべき点は
ヘッドがボールを通過した後であり、そこをゴールとします。

 

 

アドレスも、もちろん大切なのですが、
アドレスからトップまでは助走であり、
スイングのスタートはトップだと意識します。

 

 

 

 

すると
トップからインパクト、そして最加速点まで
しっかり、効率的に振り抜くことができます。

 

 

 

スタートとゴールを意識した素振り法で
理想のスイングイメージをつかんで
飛距離アップを目指しましょう!!

 

ワンノイプレステージとしてリニューアルオープン!

タイと日本を往復しながら、
仕事もゴルフも謳歌されているnagaichiさん。

 

今回は、ムアンエーク ワンノイGCから
リニューアルしたワンノイプレステージの情報を
「タイでゴルフ友達になりましょ。」よりご紹介いたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ワンノイプレステージとしてリニューアルオープン!

 

 

タイでは毎年、新ゴルフ場が一つや二つ、開場していますが、リニューアルするコースも然り。
タイのゴルフ場って、新オープンするコースは聞いても閉鎖するコースって聞きませんよネ。

数年前、プレジデントCCが一時閉鎖され、オーナーが変わって
今はスワンナプームCCとして、再スタートしています。

 

そう、オーナーが変わって再スタートというのは、時折ありますネ。

 

 

 

 

最近では、チュアン チュン ゴルフクラブがクラブハウスを素敵にリニューアルして、
名称も“フローラビレ ゴルフ&カントリークラブ(Flora Ville Golf & Country Club)” として、
新装オープンしています。

 

確か 3代目のオーナーになるんじゃなかったですかネ。プレーしましたか?

 

今年の3月には、旧ムアンエーク ワンノイGCのオーナーが代わり、
ワンノイ プレステージGCとなりましたネ。

 

一部ホールのレイアウトの改修を行ない名称も変えてスタートしています。
私も先週、ゴルフ仲間とラウンドしてきました。

 

 

 

 

ドンムアン空港から35キロほど北上したサラブリ方面にあり、
車にて1時間15分前後で到着する同コースは1995年(23年前)に開場され、
ドンムアン空港近くにあるムアンエークGC(1986年開場)、
ムアンエーク ビスタGC(1992年開場)と同じくムアンエーク・グループの一つでした。

リニューアルされ、名称にムアンエークが消えたので、グループから外れたのでしょう。

 

 

 

 

ムアンエーク時代から大きく改修されたのは、1番ホール、
10番ホールと17番ホールのティオフの位置ですかネ。

 

そう そう、バンカーも一部、顎が高くなり大きくなっています。

 

以前よりコースのメンテナンスは良くなっており、コストパフォーマンスはより満足しますヨ。

 

 

以前から料金が安目であったので、タイ人も多かんですが、改修された今は より多くなるでしょうネ。

 

 

 

 

やや狭めのコースレイアウトに各ホールに絡むウォーターハザード(池)が絡み、
正確なショットが要求されるエキサイティングなコースとなりました。

 

その上バンカーが変化しているので、結構緊張感をもたらしてくれます。

 

広大な敷地の中にありますが、狭いコースなので左右から飛んで来るボールに注意が必要です。

 

右や左に飛ぶ人は “ファー” の発声練習をしておくと良いかな(笑)。

 

 

 

ドンムアン空港から北50キロ圏内に、10コース前後のゴルフ場がある中の一つで、
このエリアを「バンコク北のゴルフ銀座」なんて言うゴルファーもいます。

 

バンナー エリアのゴルフ銀座と好みが分かれるところですが、
アヨタヤリンクスなど除いて「バンコク北」の方が安めのコースが多いでしょうネ。

 

ただここはカートが強制になりました。 それ以外は良くなっていますヨ ・・・ 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

nagaichiさんのサイトタイでゴルフ友達になりましょ。では
ゴルフ情報だけでなく、タイの様子も知ることができます。ぜひご覧下さい!!

 

ゴルフヘッドスピード+軸安定+左ひじ引け防止のトリプルアップのさらなるアップ「ビュビュ素振り」って?

ゴルフ歴30年以上のアマチュアシングルプレーヤーで、
クラブチャンピオンの経験を持つ「ゴルフエッグ」さんのブログより

 

飛距離アップ作戦、最終回!

ゴルフヘッドスピード+軸安定+左ひじ引け防止の
トリプルアップのさらなるアップ「ビュビュ素振り」って?

                           をご紹介します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ゴルフヘッドスピード+軸安定+左ひじ引け防止の
トリプルアップのさらなるアップ「ビュビュ素振り」って?

 

 

 

 

風切り音を聞いてみよう(Part1)

→インパクト後にスイング音を鳴らそう(Part2)

→軸安定でミート率アップを目指そう(Part3)

→コスリ球からおさらばしよう(Part4)

 

と続いてきた飛距離アップのためのゴルフエッグ体感レッスンはいかがだったでしょうか。

 

「このレッスンはちょっとキツ過ぎるんだけど~_| ̄|○」

 

 

 

 

「でも『振る』っていうことが分かってきたみたい^^」

 

 

 

 

いろいろな感想をお持ちかと思いますが、ゴルフは棒を振り回すスポーツです。

 

あなたは過去にどんなスポーツをしてきましたか?

 

 

 

もし、小さいころから「棒を振る」という体験の少ない人には、
ぜひ今回の飛距離アップゴルフ上達体感レッスンを読んで
ビュンビュンと音を鳴らして振ってほしいと思っています。

 

 

「そうか、自分はサッカー少年だったから、
 そもそも『振る』っていうことがわからなかったのかも?」

 

 

 

人は過去の経験をもとに物事を判断します。体を動かすことも同じです。

 

プロ野球選手などは「バットを振る」や
「体を捻転させて、体重移動をしながらボールを投げる」ということに長けていますから、
ゴルフが上手な方も多いのです。

 

「そう考えると女性は不利ね(;^_^A」

 

 


 

 

一般的に言えば女性の方は、小さい頃より『棒を振る』という経験値が
男性に比べて絶対的に少ないかと思います。

 

筋力差も大きな要因ですが、振る経験の無さが
飛距離にも関係している
とゴルフエッグは思っています。

 

その点、女性といっても女子プロは「振って振って振りまくって経験豊富」ですから、
アマチュア男子ゴルファーよりも上手に飛ばせるのですね(;^_^A

 

 

 

さあ、そんな『振る経験値』を一気に高めるためにもPrat1から始まった
「飛距離アップレッスン」でビュンビュン振って風切り音を楽しみましょう(*^▽^*)

 

さて、そんな飛距離アップレッスンも最終回となりました。

 

今回は、ビュンビュン素振りよりもさらに厳しい(;^_^A
「インパクトゾーンを鍛えるビュビュ素振りをお送りします(*^▽^*)

 

 

 

「なんだ? ビュビュ素振りって?」

 

 

 

 

■ゴルフのインパクトゾーン=ビジネスゾーン

 

インパクトの前後のことをプロゴルファーの世界では「ビジネスゾーン」といいます。

 

 

 

どんなにバックスイングやトップオブスイング、フィニッシュがきれいでも、
ボールをとらえる「インパクト」がきちんとしていなければ、
ボールは上手にコントロールされません!

 

つまり、プロゴルファーなら賞金が稼げないということになってしまいます(^_^;)

 

 

 

 

だから「インパクトゾーン=賞金が稼げるゾーン=ビジネスゾーン」というわけです。

 

矢野東プロは「バックスイングやフォローなんてどうだっていい」
この「ビジネスゾーンさえしっかりしていればいい」と言っていました。

 

 

 

 

それも「インパクト後の30cmの出玉の方向をそろえれば、ショットの90%は成功」
とおっしゃっています。

 

「わかったよ、じゃあどうやってそのビジネスゾーンを鍛えればいいの?」

 

 

 

 

 

■「ビュビュ素振り」でビジネスゾーンを鍛える

 

芹澤プロの「ビュンビュン素振り」の振り幅は、
クラブと腕が直角になる右肩の高さから左肩の高さでの素振りでしたね。(飛距離アップPart3)

 

 

 

 

でも、今回のゴルフエッグの「ビュビュ素振り」の振り幅は、
「グリップ位置が腰の高さまでいかない間での高速素振りを行う」というものです。

 

 

 

「なんだ、ビュンビュン素振りの小型版ということだね?」

 

 

 

 

いいえ、違います!

 

たしかにイメージとしてはそれであっていますが、クラブと腕の関係が違います。

 

「ビュンビュン素振り」では、腕とクラブは90度でしたが、「ビュビュ素振り」では、
腕や手首はアドレスの状態を保ったまま行います。

 

 

 

 

つまり、腕とクラブの角度がアドレス時の角度(青の折れ線(120度くらい))を
まったく変えずに、腕もまったく使わないで
行ってほしいのです。

 

 

 

「えっ?『腕を使わずにスイングする』なんてことは、できないんじゃないの?」

 

そんなことはありません!

 

アドレスの状態では、胸は真正面の斜め下(ボールの位置)を向いています。

 

そのアドレス状態から胸とおへそ(上半身)の向きだけを右斜め下→左斜め下に変えてみましょう。

 

 


背骨を回転軸と考えて、右に上半身を30度くらい回転させるという方がわかりやすいでしょうか。

 

 

 

 

そうすると、その右回転に伴って腕もクラブも右に動きます。

 

そのとき腰(骨盤)の向きは、
アドレスのままの真正面(ボールの位置)を向いているようにしましょう(下半身は不動)

 

この位置を「ビュビュ素振り」ではトップオブスイング位置と考えてください。

 

そこから今度は背筋・腹筋を使って、上半身を左斜め下を向く位置まで動かします。

 

 

 

 

当然、それにつられて、腕もクラブも振ろうとしなくても、左に動きます。

 

このとき、腰(骨盤)の向きはアドレス状態と同じ、正面を向いてまま、
もちろん、腕とクラブの角度もアドレスのまま(青折れ線)をキープ
です。

 

これが「ビュビュ素振り」のときのフィニッシュ位置です。

 

さあこのトップ位置とフィニッシュ位置までの間で
クラブが「ビュビュ」っと音がするくらいの高速で振ってみましょう(*^▽^*)

 

 

 

 

 

■振り幅が小さくなるほどキツクなる(;^_^A

 

「要は上半身だけ向きを変えて、低い位置で素振りをしろってことね」
「えっ?高速で振ろうとするとビュンビュン素振りよりも体がキツイぞ~」

 

 

 

 

ビュビュ素振りでは、ふり幅が小さいですが、
クラブに遠心力がこれから掛かろうとする際に、一気に逆方向に振り戻さなければいけません。

 

 

それを上半身の体幹部分(腹筋、背筋)で行うことになります。

 

 

 

 

また、ここまで「腕や腰は使わない」という話をしましたが、
実際に「ビュビュ素振り」を行ってみると、
クラブを反対方向に振るためには、腰や腕や脚の体の各部の筋肉を
かなり使わなくてはできないはずです。

 

「腰の向きは正面のまま、にするためには
 上半身の回転する力とクラブの遠心力に対抗するために、
 逆向きの踏ん張る力がないとダメだね」

 

 

 

 

「腕や手首もアドレスのまま、もクラブを振ればすぐにフラフラしちゃうから、
 かなり力を使わないといけないね」

 

 

 

 

はい、その通りです。

 

つまりは、全身の筋肉を使って「ビュビュ素振り」をするということです(^_^;)

 

 

■体幹を鍛えて軸をよりしっかりさせよう

 

今回のビュビュ素振りの目的は、体幹を鍛えることです。

 

振り幅は小さくとも、高速で左右に振るためには、
ビュンビュン素振りよりも腹筋や背筋などを使って体を回転させます。

 

そして、その回転方向に体が持っていかれないようにするために、
下半身や腕も使って反対方向に振り戻さなくてはいけません。

 

だから、踏ん張る力も必要となるのです。

 

「本当だ、10往復もさせるともう体がくったくたになっちゃう~」

 

 

 

ビュビュ素振りは、ビュンビュン素振りよりもふり幅は小さいのですから、
1往復する時間も短くなくてはいけません。

 

10秒以内に10往復させるのを一つの目安にして行ってみましょう(*^▽^*)

 

「そんなの無理ーーー」

 

 


はい、無理は禁物ですからね^^/

 

背筋など体を痛める可能性がありますので、ご自身の体力に合わせて「それなりの高速(^_^;)」で行ってくださいね。

 

 

 

■ビュビュ素振りで身につけられること

 

実際のフルショットスイングとは、違う感覚のビュビュ素振りですが、ここで習得してほしいことは、

 

・インパクトゾーンでの体の安定力

 

が第一に挙げられます。

 

また、それ以外には

 

・スイング力に負けない下半身の粘り

背骨を回転軸とした上半身の回し具合

腕ではなく体幹を使ってのトップからの切り返し

腕は勝手に上体についてくる

という感覚などです。

 

下半身を安定させて、上半身を回すことができれば、
捻転力も生まれ、それがスイングスピードアップにもつながります。

 

またインパクトゾーンで体がふらふらしなくなれば、
ミート率が上がるのは、誰しもおわかりでしょう。

 

「インパクトはアドレスの再現」ともよく言われます。
(編集後記も参照のこと)
それができればミート率は確実に上がります!

 

ビュビュっと音はしなくてもよいので、ちょっとだけ速く振ってみてください。
そして、クラブの振りに合わせて体が左右にブレない体幹力アップに努めましょう。

 

 

 

 

編集後記(インパクト=アドレスの再現について)

 

「インパクトはアドレスの再現」と言いましたが、実際は違います(;^_^A

 

スイングは高速ですから、ボールを打つインパクト時の腰の向きや体重の配分などは
アドレス時と全く同じになることは絶対ありませんm(_ _)m

 

 

(「頭を動かすな!の真実って?動いていいけど動いちゃダメ。ゴルフ上達」記事参照)

 

 

でも、アドレス=インパクトであれば、フェイスの芯にボールは必ず当たることになります。

 

これもまた真実です。
その辺の矛盾があるのがゴルフスイングとご理解くださいませ(;^_^A

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ゴルフエッグさんのサイト
上達したい!壁を超えたい!あなたに贈るゴルフ上達体感サイトもぜひご覧下さい。

 

TRAVEL-MODE 2018/11/19

◆ゴルフや旅行で海外へ行くならTRAVEL-MODE 2018年12月号◆

 

■TRAVEL-MODEはこちら

 

 

ハワイでクリスマス】サンタと記念撮影・お買い物三昧

年末年始の海外旅行先ランキングでも
毎年上位に入るのがハワイ
常夏のハワイでのんびりと楽園を満喫しながら、
サーフボードを抱えたサンタクロースに会ってみたいものですね。
今年行く方も、いつか行きたい!という方にも、
ハワイのクリスマス情報をお届けします
 ・・・続きはこちら

 

 

 

◆ゴルフや旅行で海外へ行くならTRAVEL-MODE◆

travel

 

読者投稿コーナー

 

 

 

体験談をお寄せいただいた方の中から抽選で

プレゼント実施中です!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

メールアドレス( 必須)

ニックネーム( 必須:お便りがサイトに掲載される時のお名前)

氏名( 必須:粗品送付に使用します。)

郵便番号( 必須:粗品送付に使用します。例:810-0045)

※半角で入力すると自動的に都道府県、市区町村が入力されます。
都道府県( 必須:粗品送付に使用します。)

市区町村( 必須:粗品送付に使用します。)

丁目番地〜部屋番号等( 必須:粗品送付に使用します。)

性別

年齢

■1.体験談や本誌に対するご意見、ご感想がございましたら、ご自由にお寄せください。

■2.今号でよかった記事があれば教えてください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信されます。
よろしければ下記にチェックを入れて、送信ボタンを押してください。

この内容で送信する