ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Category: 世界の名プレイヤー【今月のお言葉】


世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,53 チャールズ・マクドナルド

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第53回は、

 

アメリカゴルフ界黎明期の主要人物

 

★チャールズ・マクドナルド

Charles Blair Macdonald

 

出身:カナダ/オンタリオ州ナイヤガラフォールズで生まれ
生年月日:1855年11月14日
没年月日:1939年4月21日

 

 


  • 風はゴルフの最大の財産だ。
    風がいろいろ変化することによって、
    ひとつのホールがいくつものホールとなるからだ。

 

 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

チャールズ・マクドナルドは、スコットランド人の父と北アメリカの先住民族モーホーク族の血を引くカナダ人の母を持ち、両親の米国帰化により、シカゴで育ちました。1872年、16歳だったチャールズは、父親に命ぜられてスコットランドのセントアンドリュース大学に留学し、そこでゴルフを覚えます。前回このコーナーでお伝えしたオールドトムモリスらに指導を受けて、ゴルフの腕はみるみる上達し、ヤングモリスと並んでセントアンドリュースオールドコースでは、当時上級者と言われたようです。

アメリカにゴルフが伝わったのは、1880年台後半。スコットランド人移民が持ち込んだと言われています。チャールズもこの当初より友人をゴルフへ誘い、ゴルフコースを設計しています。アメリカにゴルフが伝わった当初からの主要人物で、米国で初めての18ホールゴルフコースを設計・建設しています。まさに、アメリカゴルフ黎明期を支えた人物で、また、全米ゴルフ協会 (USGA) 設立の原動力として活躍しました。第1回全米アマチュアゴルフ選手権の優勝者でもあります。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,52 オールド・トム・モリス

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第52回は、

 

数々の名コースを造った「ゴルフの守護神」

 

★オールド・トム・モリス

Old Tom Morris

 

出身:スコットランド・セント・アンドリュース
生年月日:1821年6月16日
没年月日:1908年5月24日

 

 


  • 届かなければ、入らない。

 

 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

「オールド・トム・モリス 」は、本名をトーマス・ミッチェル・モリスといい、スコットランドの人ゴルファーです。オールド・トムは、1821年、ゴルフ誕生の地として知られるスコットランドのファイフにあるセント・アンドルーズの地で生まれ、1908年そこで亡くなりました。息子の「ヤング・トム・モリス」もまたゴルファーです。

 

オールド・トムは、1860年の第1回全英オープンで準優勝し、その翌年以降、1867年までに4回の優勝。さらに、その後1868年から4回の優勝を重ねたのは、なんと息子のヤング・トム・モリス。優勝と準優勝を分け合ったことのある唯一の親子ゴルファーという記録もあります。オールド・トムの46歳での優勝は今でも最年長記録となり、75歳になっても全英オープンに出場しています。また、ゴルフ場の設計、グリーンキーピングの革新をもたらし、正しく、ゴルフの黎明期を支え、創ったレジェンドであります。

 

そんなレジェンドが残した言葉「Never up, never in(届かなければ入らない。)」は、あまりにも有名です。理屈としては当たり前ですが、ゴルファーなら意味深く受け取れるでしょう。弱気で打っても、届かなければ意味がなく、悔いも残りやすいですよね。

オールド・トム・モリスは、1976年に殿堂入り、今でも多くのゴルファーを惹きつけ、セントアンドリュース18番グリーン脇には、トム・モリスショップが現存しています。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,51 デービス・ラヴ 3世

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第51回は、

 

アメリカ有数のゴルフ一家で知られる

 

デービス・ラブ3世

Davis Love III

 

出身:アメリカ合衆国・ノースカロライナ州/シャーロット
生年月日:1964年4月13日

 

 


  • ルーティーンについて考えないといけないのであれば、

     

    それはルーティンではない。

 

 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

父親のデービス・ラブ2世も有名なプロゴルファーであり、デービス・ラブ3世は、父親が1964年のマスターズに出場した直後に生まれた。早くから父親の英才教育を受け、ノースカロライナ大学を経て1985年にプロ入り。1987年「MCIヘリテージ」で初優勝。1997年「全米プロ選手権」を勝ってメジャータイトルホルダーとなった。翌1998年は日本の「中日クラウンズ」で、2位に8打差をつけて優勝した。これが彼の唯一の国際試合優勝であり、8打差というのは大会新記録となる。2015年には51歳で地元開催の「ウィンダム選手権」を制し、ツアー通算21勝目を飾った。2017年に世界ゴルフ殿堂入り。

 

彼にゴルフを教えた父親のデービス・ラブ2世は、1988年に不慮の航空機事故のため、53歳で死去。悲願のメジャー初制覇を決めた年、ラブは父親から受けたゴルフのレッスンと教育をまとめた本を上梓。この本は1997年度の全米ゴルフ協会国際書籍賞(USGA International Book Award)を受賞した。息子のデービス・ラブIVもツアープロで活躍。親子三代に渡るゴルフ一家で知られる。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,50 トミー・ボルト

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第50回は、

 

ひとたび失敗すると瞬時に逆上する短気ぶり

 

★トミー・ボルト

Tommy Bolt

 

出身:アメリカ合衆国・オクラホマ州ハワース
生年月日:1916年3月31日
没年月日:2008年8月30日(享年92歳)

 

 


常にクラブは自分の前に放り投げろ!そうすれば、それを拾いに戻って、無駄にエネルギーを使うことがないからね。

 

 

  • 心は体よりも多くのショットを駄目にする。

 

 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

トミー・ボルトは、1950年代から1960年代にかけてアメリカPGAツアーで活躍したアメリカ・オクラホマ州ハワース出身のプロゴルファーです。トミー・ボルトは、第二次世界大戦中に米国陸軍で4年間過ごしたこともあり、PGAでのキャリアスタートは遅かったものの、1951年には「ノース&サウス・オープン・チャンピオンシップ」で早くもツアー初勝利を挙げました。しかし同時に、当時からミスショットの度に彼はクラブを地面に叩きつけ、林や池に投げ込むなど、怒りを爆発させるキレっぷりが問題視されています。「瞬間湯沸かし器」「terrible(酷い)トム」「サンダー(雷鳴)」など、付けられたあだ名はいくつもあります。そして生まれたのが、今回ご紹介する名言というわけです。屁理屈のようで、体力温存していたということは、もしかしたら魅せるパフォーマンス、ショー的にギャラリーを喜ばせるものだったのかもしれませんね。ゴルフは本当にメンタルが響くスポーツです。とはいえゴルフは紳士的なスポーツ。PGAは1957年に「トミー・ボルト法」というルールを採用し、故意にクラブを破損した場合には罰金を課す事としました。

 

成績は、「全米オープン」を征した1958年にはPGA賞金ランキングの7位をマーク。1955年と1957年のライダーカップ選抜メンバーを務め、1969年には「全米シニアプロ選手権」でシニアのメジャー優勝も果たしています。シニアツアーでも活躍したボルトは、2002年には世界ゴルフ殿堂の「ベテラン部門」に選出され、86歳にして殿堂入りを果たしました。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,49 ディック・メイヤー

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第49回は、

 

1957年の全米オープン優勝者の名言
スイングのセオリー

 

★ディック・メイヤー

Dick Mayer

 

出身:アメリカ合衆国・コネチカット州スタンフォード
生年月日:1924年8月28日
没年月日:1989年6月2日(享年64歳)

 

 


バック・スイングで体重が右足に移動するのは
腰と肩が右に回転するからであって、

腰と肩が右に移動するからではないのだ。


 

 

 

 

メイヤーは 1953 年から 1965 年にかけて PGA ツアーで 通算7 回優勝したプロゴルファーです。コネチカット州スタンフォードで生まれ、ゴルフは、ニューヨーク市郊外のウィングド フットゴルフクラブで、有名なプレーヤーで教師でもあったクロード ハーモンに弟子入りしたことから始まります。

 

1954 年の全米オープンではメイヤーが優勝するところでしたが、最終ホールでなんとトリプルボギーを叩いてしまったため、エド・ファーゴルが優勝し、2打差の3位タイとなりました。

メイヤーは1957年、インバネス・クラブで行われた全米オープンの規定72ホールをディフェンディング・チャンピオンのケーリー・ミドルコフと同点で終え、18ホールのプレーオフで72対79で勝利。その時の賞金は7,200ドルでした。その後、世界ゴルフ選手権で 50,000 ドルを獲得し、賞金 65,835 ドルで PGA ツアー賞金リストのトップとなり、PGA 年間最優秀選手賞も受賞しています。

 

1957年のライダーカップチームでも活躍したプロゴルファーでしたが、現役時からアルコール依存症との闘いのでもあり、カリフォルニア州パームスプリングスで死去。64歳でした。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,48 チック・エヴァンス

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第48回は、

 

生涯アマチュアにこだわり続けたレジェンド

 

★チック・エヴァンス

Chick Evans

 

出身:アメリカ合衆国・イリノイ州シカゴ
生年月日:1890年7月18日
没年月日:1979年11月6日(享年89歳)

 

 


フォワード・プレスは、いわばスイングに反動または、はずみをつける
一種の起動力の役割をなすもので、スイングの一部である。


 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

チック・エヴァンスは1910年代~50年代に活躍したアメリカのアマチュアゴルファーです。

幼少期に、キャディのアルバイトでゴルフを覚え、16歳でシカゴジュニア優勝、次の年も連覇。1916年に全米オープンと全米アマの両方で優勝。1920年も再び全米アマに勝つが、その頃から深刻なイップスに陥り、勝てなくなってしまいます。全米オープンと全米アマの両方で優勝同一年にこの2つのタイトルを取ったのは、ボビー・ジョーンズがいるのみであり、もしチック・エヴァンスが、イップスにならなければ何勝したか分からないとさえいわれています。

チック・エバンズは、ゴルフのキャリアに加えて、資格のあるキャディに大学の奨学金を提供する「エヴァンス・スカラーズ財団」を設立したことでも知られています。慈善事業と併せて、全米アマに50回も連続出場を続けていたことなども含め、アマチュアの鑑と称えられています。

1960年、エヴァンスは、ゴルフにおける傑出したスポーツマンシップで功績を残したとし、米国ゴルフ協会から与えられる最高の栄誉である「ボブ・ジョーンズ賞」に選ばれました。アマチュアながら、世界ゴルフ殿堂入りも果たしています。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,47 リー・トレビノ

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第47回は、

 

メキシコ系アメリカ人の象徴

 

★リー・トレビノ

Lee Trevino

 

出身:アメリカ合衆国 テキサス州 ダラス
生年月日:1939年12月1日 (年齢 83歳)

 

 


ゴルフは恋愛みたいなもの。

 

とことん真剣にならなければ、面白くない。

 

そして本気で真剣になれば、心は千千乱れ、かきむしられる。


 

 

 

 

Legends of Golf in Savannah, GA April 19, 2010

画像:Wikipedia

 

 

メキシコ国境に近い、テキサス州エルパソの極貧家庭に育ち、家計を助けるため、5歳の時から綿農場で働き始めたいうリー・トレビノ。ゴルフのきっかけは、叔父が1本の古いゴルフクラブと幾つかのボールを与えてくれたこと。靴磨きもしながらキャディを務め、学校は14歳で辞めた。

 

17歳の時にアメリカ海兵隊に入隊。軍隊生活は、海兵隊士官とのゴルフに費やされたという。退役後、トレビノは地元でクラブ専属プロになるも、賭けゴルフで臨時収入を得ることも。

1967年からPGAツアーに参戦。かなり苦労した極貧時代を経たトレビノは、1968年には、帝王ニクラウスを破って全米オープンに優勝し、いきなりトッププロに。全米オープン2勝、全英オープン2勝、全米プロも制している。ツアーは27勝。

1975年のウェスタン・オープンで、天候不良の中断中に、キャディバッグに寄り掛かってくつろいでいたところ、落雷に遭い脊椎を損傷。生死を彷徨うような負傷から、見事に復活。1980年のマーク・マコーマックのワールドゴルフランキングではトム・ワトソンに次いで2位にランクされ、1984年の全米プロゴルフ選手権で44歳にしてメジャー6勝目を飾った。その不屈の精神を讃え、「スーパーメックス」、「メリー・メックス」と呼ばれている。

  • 1981年世界ゴルフ殿堂入り。
  • 2000年、『ゴルフダイジェスト』誌による古今の偉大なゴルファーの14番目にランクされた。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,46 カーチス・ストレンジ

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第46回は、

 

史上初の100万ドル超プレーヤー

 

★カーチス・ストレンジ

Curtis Northrup Strange

 

出身:アメリカ合衆国 バージニア州 ノーフォーク
生年月日:1955年1月30日 (年齢 68歳)

 

 


風が吹いたら、いつも追い風のようにスイングすればいい。


 

 

 

 

 

カーチス・ストレンジは、アメリカ合衆国 バージニア州 ノーフォーク出身、1980年代のPGAツアーの主要選手の一人。テレビのコメンテーターとしても活躍する殿堂入りのプロゴルファーです。
7歳の時に、地元のカントリークラブを経営していた父親がゴルフを始めさせたのがゴルフ人生の始まりです。

 

全米オープンに2年連続で優勝し、1986年のデビューから1990年まで200週以上にわたりオフィシャルワールドゴルフランキングのトップ10を維持しました。1985年、1987年、1988年はツアー賞金王になり、また、初めて年間賞金総額が100万ドルを超えたプレーヤーにもなりました。

 

状況に左右されない正確なショットで勝負強さを見せていたストレンジ。その強さのコツは、風の捉え方にあったのかもしれません。ゴルファーを悩ませる「風」。高く上がるだけだったり、下手すれば戻ってきてしまうことも。しかし、ストレンジは、ゴルフをやる限り多少の風があるのは当たり前。ゴルフは心理戦でもあるので、ならば向かい風も追い風と思って打とうじゃないかという発想をしたんですね。向かい風に対して追い風のように振れれば、ボールに余計なスピンがかからないために、力まず意外に飛んで行くものなのかもしれません。

 

力では絶対に風には勝てません。そんな日にプレーすることになったら、力を抜いて「おお!よい追い風だ〜」と思い込んで、風を楽しんでみてください。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,45 フランシス・ウィメット

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第45回は、

 

アマチュアゴルフの父

 

★フランシス・ウィメット

Francis DeSales Ouimet

 

出身:アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ブルックライン
生年月日:1893年5月8日
没年月日:1967年9月2日

 

 


ゴルフほどごまかしやすい機会に恵まれたゲームはほかにない。

ゆえにまたゴルフほどその欺瞞(ぎまん)を

おかしたものが、はげしく軽蔑の眼で見られることも、

ほかのゲームに例を見ない。


 

 

 

1913年の全米オープンでのフランシス・ウィメット
画像:Wikimedia

 

 

 

フランシス・デサール・ウィメットは、球聖ボビー・ジョーンズと並ぶ偉大なアマチュアゴルファーです。1913年全米オープンで米国選手として初優勝。無名のアマから一躍国民的ヒーローになり、
しばしば「アマチュアゴルフの父」と呼ばれています。また、セントアンドリュースのロイヤルアンドエンシェントゴルフクラブ のキャプテンに英国人以外から初めて選出された人物でもあります。1974年に世界ゴルフ殿堂入りを果たしました。

今回、紹介した名言「ゴルフほどごまかしやすい機会に恵まれたゲームはほかにない。

ゆえにまたゴルフほどその欺瞞(ぎまん)をおかしたものが、はげしく軽蔑の眼で見られることも、ほかのゲームに例を見ない。」という名言は、1921年の著書「Golf Facts for Young Peaple」の中で、ウィメットが若者たちに向けたの言葉。

ゴルフは自らがレフリーとは言え、いつの時代にも不正やごまかしをする者はいます。ただ、それはいつか必ず誰かにバレて、さらに不正をした人物だと人に伝わります。ひどい軽蔑を受け、二度と一緒にプレーする者はいなくなるということです。「これくらいいいや」「ちょっとだけ」であっても、欺瞞の行為で、これほどまでに厳しい制裁を受けるスポーツは他にないということですね。スコアを誤魔化す者はゴルフを裏切った信頼できない者ということを、若者達にビシッと叩き込んだ名言であります。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,44 ナサニエル・クロスビー

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第44回は、

 

父は「クリスマスソングの王様」

 

 

★ナサニエル・クロスビー

 

 

出身:カリフォルニア州ヒルズボロー
生年月日:1961年10月29日 (年齢 61歳)

 

 


「飛距離は捨てても9割残る。方向性を捨てたら何も残らない。」


 

 

 

Bing Crosby en Pieter van Vollenhoven op het American Express Pro-Am golftoernooi 1975. Bing Crosby met zijn zoons Harry (m) en Nathan.*6 augustus 1975

画像:Wikipedia

 

 

 

本名、ナサニエル・パトリック・クロスビーはアメリカのゴルファー。父親はハリウッドスター、そして「クリスマスソングの王様」と呼ばれたビング・クロスビー

 

ゴルフマニアだった父親と少しでも多くの時間を過ごすためにゴルフを習ったと後に述べていて、その始まりは、プロゴルファーでもあった一家の乳母、アイルランド人のブリジットからゴルフを学んだと言います。

 

クロスビーはマイアミ大学に進学し、サンフランシスコのオリンピッククラブで開催された1981年の全米アマチュアの出場資格を獲得し、19歳で優勝します。この時、史上3番目に若い全米アマチュア優勝者となりました。その後、1982年のアイゼンハワートロフィーと1983年のウォーカーカップで優勝します。大学卒業後、クロスビーは1984年にプロに転向しますが、なかなか芽が出ず引退。しかし、1994年にアマチュアの資格を取り戻します。それは、父親が設立し​​たトーナメントであるAT&T ペブルビーチ ナショナル プロアマに出場するためだったと言われています。

 

そんなクロスビーのゴルファーとしての言葉「飛距離は捨てても9割残る。方向性を捨てたら何も残らない。」は、なかなか飛距離が出ないアマチュアゴルファーには有難いお言葉です。確かに飛ばせることは優位ですが、曲がってしまったり、OBやロストボールといったリスクもあります。まずは曲がらない球が打てるようになること、そして飛ばすだけがゴルフではないことを改めて知る言葉でもありますね。