ゴルファー必見。 お役立ち情報!

Category: 世界の名プレイヤー【今月のお言葉】


世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,16 ウォルター・ヘーゲン

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第16回は、

 

「ピアニストのタッチと、金庫破りのデリケートさを持った男」

 

ウォルター・ヘーゲン

 

 

私は1ラウンドに3つか4つのミスをするものと、

 

あらかじめ覚悟している。

 

それゆえにミスをしてもくさらないのだ。

 

 

 

(出典:ゴルフ名言集)

 

 

 

 

Walter Hagenウォルター・ヘーゲン

出身:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ロチェスター
生年月日:1892年12月21日  
没年月日:1969年10月5日(76歳没)

 

 

 

画像:Wikipedia

 

 

ウォルター・ヘーゲンは、競技ゴルフを確立し、ゴルフの地位を高めたと表される往年の名選手のひとりです。同時代にプレーしたボビー・ジョーンズが生涯アマチュアを貫いたのに対して、ヘーゲンはプロゴルファーとしてキャリアを送りました。
ヘーゲンは、全英オープンを4回、全米オープンを2回、全米プロを5回制覇し、ゴルフ史上に大きく名を残すことになりました。彼のメジャー11勝は、ジャック・ニクラウスが1973年にメジャー12勝目を挙げるまで44年間の長きにわたってトップの記録でした。(2006年の全米プロゴルフ選手権でタイガー・ウッズがメジャー大会「12勝目」を挙げたことにより、現在ヘーゲンの通算「11勝」は歴代3位)

プロスポーツ選手として、生涯に100万ドル以上を稼ぎ、ツアーだけで生計を立てた最初のプレーヤーと言われています。また、ヘーゲンは単にプロゴルファーとして大活躍しただけでなく、大変なオシャレでも知られていました。真っ白なロールスロイスに真っ白なタキシード姿で現れることもしばしばで、フェアウエーにファッションを持ち込んだ最初のゴルファーとも言われています。

1969年10月5日に76歳で逝去。1974年に世界ゴルフ殿堂入り。1999年に創始された世界ゴルフ選手権の第1戦、「アクセンチュア・マッチプレー選手権」の優勝カップには、彼の名前を冠した「ウォルター・ヘーゲン・カップ」の名前がついています。

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,15 樋口久子

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第15回は、

 

女子プロ第1号から、ゴルフの伝道師へ。海外女子ツアーの先駆者

 

樋口 久子

 

 

長年すごくいい成績を残してきた選手が共通して言っているのは

『あまり考えすぎないで練習して、あとは無駄な知識を排除してシンプルにできるか』ということ。

 

 

 

(出典:岡上貞夫 ゴルフは名言でうまくなる

 

 

 

 

樋口 久子(ひぐちひさこ)

出身:埼玉県川越市
生年月日:1945年10月13日  (年齢 75歳)

 

 

出典:Amazon

  • ISBN-10 : 4532176255
  • ISBN-13 : 978-4532176259
  • 出版社 : 日本経済新聞出版 (2017/10/19)

 

 

現役時代「チャコ」の愛称で親しまれた樋口久子は、埼玉県川越市で生まれました。中学校時代までは陸上競技選手でしたが、高校時代に実姉が勤務していた東急砧ゴルフ場で中村寅吉を知り、ゴルフへの関心を深めます。高校卒業後中村氏に弟子入りし、川越カントリークラブで練習場のスタッフとして勤務する傍らプロ選手としての下積み生活を送ります。1967年に第1期女子プロテストに合格し、日本人女子選手として初めてプロゴルファーとなりました。

 

その後、本格的に米女子ツアーへ参戦・優勝。前人未到の賞金女王11回獲得。通算72勝など、日本女子ゴルフ界発展の礎を築き、世界のトッププロとなります。国内69勝、海外では1977年に日本人唯一のメジャー大会制覇となる「全米女子プロ」を含む3勝を挙げ金字塔を打ちたてます。まさに、日本女子ゴルフ界を牽引したレジェンド。2003年には生涯業績部門でアジア人としては男女通じて初めてとなる世界ゴルフ殿堂入りを果たすなど、その功績は日本のみならず海外からも高く評価されています。

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,14 ボビー・ジョーンズ

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第14回は、

 

球聖と呼ばれた伝説のゴルファー/マスターズ創始者

 

ボビー・ジョーンズ

 

 

ゴルファーは一番身近な最強の敵は、

 

自分自身であることに

 

すぐに気づくのである。

 

 

 

(出典:運命を変えてしまう言葉に出会えます!)

 

 

 

 

Bobby Jones ボビー・ジョーンズ

出身:アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市生まれ
生年月日:1902年3月17日 
没年月日:1971年12月18日(69歳没)

 

 

出典:Wikimedia

 

 

ボビー・ジョーンズは、1930年に28歳の若さで全米・全英オープン、全米・全英アマを制し、史上初めて年間グランドスラムを達成します。1923年に最初のメジャー優勝となった全米オープンに勝ってから、1930年までの8シーズンの間に、メジャー優勝13回(全米オープン4回、全英オープン3回、全米アマ5回、全英アマ1回)という偉業を成し遂げました。後にグランドスラマーとなったベン・ホーガンやジャック・ニウラウスにも真似できなかったハイペースの快挙を成し遂げた伝説のゴルファーです。その実績がありながら28歳で引退。終生、アマチュアを貫いたことでも有名です。

 

「球聖」と評されたボビージョーンズが、今も多くの人から尊敬されている理由は、スーパープレーで偉業を残したからだけではありません。

1925年の全米オープンでのこと。第1ラウンド11番ホールで、ジョーンズは「アドレスの際、ラフにあったボールが動いた」と申告し、自らに1打罰を課しました。同伴プレーヤーのウォルター・ヘーゲンが「誰も見ていないので、ペナルティーは必要ない」とアドバイスしたほど。目立たないミスとも言えないミスだったにもかかわらず、ジョーンズは「銀行で金を盗まなかったからといって誰も褒めない。ゴルファーとして当然の行為である」と聞き入れなかったと言います。この一打で最終的にはウィリー・マクファーレンとのプレイオフとなり、1度目の18ホールのプレイオフでは決着がつかず、2度目のプレイオフの最終18番ホールでボギー対パーの1打差で敗れます。しかし、1打罰の自己申告は、ゴルファーが見習うべき誠実な姿勢として、人々に称えられました。

 

その誠実さと謙虚さから「球聖」と呼ばれたジョーンズですが、彼も若き日には、短気を起こして苦い経験をしています。初めて全英オープン(セントアンドリュース)に参加したとき、思い通りのプレーができずスコアカードを破り棄権します。アメリカに帰国した後もそのことを引きずり、とある試合で、ミスショットに苛立って投げたクラブがギャラリーに当たり、出場停止処分を受けてしまいます。その時味わった絶望感と挫折が彼を大きくしたことは疑いようがありません。

 

後に、脊髄空洞症で彼が後日車椅子生活を強いられるようになった彼は、「セントアンドリュースでの経験さえ残れば たとえ生涯で得た他の全てのものを失っても 私の生涯は 本当に満たされていた。」と、いかにこの出来事の影響が大きいものだったかを語っています。ゴルファーとして、弁護士として、人として、まさに己を研いて研いて研き切った人生だったのではないでしょうか。

亡くなった時には、セントアンドリュースのクラブハウスは、旗を降ろし彼の死を悼んだと言われています。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,13 ジーン・サラゼン

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第13回は、

 

世界初のグランドマスター/サンドウェッジの生みの親

 

ジーン・サラゼン

 

 

ゴルフで油断が生まれる

 

最も危険な瞬間は、

 

万事が順調にいっている

 

そのときだ

 

 

(出典:野村不動産グループカスタマーズクラブ)

 

 

 

 

Gene Sarazen ジーン・サラゼン

出身:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ハリソン
生年月日:1902年2月27日 
没年月日:1999年5月13日(97歳没)

 

 

出典:Wikipedia

 

 

イタリア系移民の長男として、ニューヨークに生まれ、本名は「エウゲニオ・サラセニ」と言います。

貧しい家計を助けるため、10歳でキャディになったことがゴルフ人生の始まりとなり、19歳でプロゴルファーに転向します。この時にイタリア系の「エウゲニオ・サラセニ」から「ジーン・サラゼン」という名前に改名したということです。
弱冠20歳にして全米オープン、全米プロを制覇。1932年には全英オープンを獲得し、1935年の第2回マスターズでは奇跡のダブルイーグル(アルバトロス)で逆転優勝。初のグランドスラムの偉業を達成した伝説のプレーヤーとなりました。

親友であり、ライバルであったウォルター・ヘーゲンとともに初期の米国プロゴルフ界を牽引し、ゴルフ史に残る名シーンを数々残しています。栄光を極めても決しておごることなく、彼のゴルフに対するこだわりと情熱が人々の心を魅了し、多くの感動を与えたのでした。

 

 

史上初の「キャリア・グランドスラム」を達成した伝説の名選手にも苦手があり、バンカー ショットは彼を大いに悩ませました。苦手意識をなんとか克服しようとあれこれ考え、ある日離陸している飛行機を見たときのこと。パイロットが尾翼のフラップを上げ、飛行機が頭をもたげて離陸するその姿からひらめき、9番アイアンのソールに同じような傾斜をつければクラブが砂に潜らないのではないかと考えたのでした。
苦手意識で思考が堂々巡りになったとき、サラゼンはふと空を見上げたのかもしれません。そのタイミングで空には飛行機が。なんとなくの風景を見逃さず、そこに着目し、アイデアがひらめくというところからして、神が与えた才能と言えるでしょう。このひらめきとアイディア、そして改良とテストを繰り返した賜物が、今皆さんも使っている「サンドウェッジ」となるのです。

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,12 トム・ワトソン

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第12回は、

 

帝王”ジャック・ニクラウス”の後継者、新帝王と呼ばれた男

 

トム・ワトソン

 

 

成功の確率を倍にしたければ、失敗の確率も倍にするこ

 

 

とだ。

 

 

(出典:偉人たちの名言集

 

 

 

 

Tom Watson トム・ワトソン

出身:アメリカ合衆国 ミズーリ州 カンザスシティ
生年月日:1949年9月4日 (年齢 70歳)

 

 

出典:Wikimedia commons

サウスポート、イギリス-7月16日:2008年7月16日イギリスのサウスポートのロイヤルバークデールゴルフクラブでの第137回オープンチャンピオンシップの第3練習ラウンド中にアメリカのトムワトソン。(写真:Ian Tillbrook

 

 

 

父レイの勧めで6歳から競技を始め、中学生の時、ゴルフの師匠の一人であるスタン・サースク(Stan Thirsk)と出会います。1970年には全米アマチュア選手権5位の資格でマスターズに出場。翌年1971年、スタンフォード大学を卒業し、プロに転向しました。1974年の「ウェスタンオープン」でツアー初優勝。続く1975年の「全英オープン」でメジャー初優勝と躍進を続け、1977年から1980年まで4年連続、および1984年にPGAツアーの賞金王を通算5度獲得。全盛期はフォロースルーの大きなアメリカン打法から繰り出される高弾道のショットと、ツアー屈指のショートゲームの巧さで勝利を重ね、帝王と呼ばれていたジャックニクラスの後継者として “新帝王” の異名で呼ばれるようになりました。

 

プロとしてPGAツアー39勝、世界で通算68勝。66歳で臨んだ第80回マスターズ出場が、最後のメジャー参戦となりました。

 

 

日本とのつながりも深く、日本では通算4勝を挙げ、4つのゴルフコースを設計しました。中でも、1980年、1997年に2度優勝した「ダンロップフェニックストーナメント」が開催される宮崎の「フェニックスカントリークラブ」には、彼の名前を冠した「トム・ワトソンゴルフコース」があります。

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,11 ベン・ホーガン

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第11回は、

 

「歴代最強のゴルファー」と称される不屈のレジェンド

 

ベン・ホーガン 

 

 

「不安と緊張こそゴルフゲームでの最高の調味料である。」

 

 

(出典:みんなのゴルフダイジェスト

 

 

 

 

William Ben Hogan ベン・ホーガン 

出身:アメリカ・テキサス州ダブリン
生年月日:1912年8月13日生まれ
没年月日:1997年7月25日(84歳没)

 

 

出典:Wikipedia
Ben Hogan seated on back of car in homecoming parade on Broadway 

photo by Dick DeMarsico.

 

 

 

今月の名言は、競技中、ほとんど言葉を発することがなかったとも言われているレジェンドの言葉をご紹介します。

ゴルフ史を通じても屈指のプレーヤーに数えることができるベン・ホーガン。確かなゴルフの技術に裏打ちされた強固な意志と果敢な決断力を持っていたため、しばしば対戦相手を身動きできないほどに畏縮させたと伝えられています。

 

ホーガンは、その選手生活を何度か中断せざるを得ませんでした。第二次世界大戦で。そしてさらには、バスとの正面衝突という悲惨な自動車事故に遭い、もうプロとして競技ゴルフをするのは不可能だと医師に伝えられる程の重傷を負います。しかし、事故から7カ月後にはクラブを握り、11か月後にはトーナメントに復帰。その5か月後に行われた全米オープンで優勝するという驚異的なカムバックを果たします。この後も事故で痛めた足が思わしくなかったにもかかわらず。1951年にはマスターズと全米オープン、1953年にはマスターズ、全米オープン、全英オープンに勝利しています。プロゴルフのトーナメントで64勝を達成。まさに不屈の精神で勝ち続けたレジェンドなのです。

 

冷静沈着で「アイスマン」「ホーク・アイ(鷹の目)」とも呼ばれたホーガンは、不安と緊張があればあるほどゴルフがスリリングになり、克服しがいがあるというもの。それがゴルフの醍醐味と解釈できる言葉を残しました。優勝争いをする位置に近ければ近いほど、「プレッシャー」は高まります。それを楽しみながら、幾度も乗り越えてきたからこそ最強なのです。

ホーガンはこんな言葉も残しています。

「もし、マスターズが賞金のないトーナメントだったとしても、私はこれまでと変わることなく、勝つために一生懸命になるだろう。」

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,10 岡本綾子

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第10回は、

 

世界一美しいスイングと称された
米国人以外史上初の賞金女王

 

岡本 綾子

 

 

ゴルフはどんなにテクニックを磨いても勝てる競技じゃ

 

ありません。

 

最後は人間性がものを言う。それもゴルフ技術の一つ。

 

 

 

(出典:Number Web

 

 

 

 

岡本 綾子(おかもと あやこ

出身:広島県東広島市安芸津町
1951年4月2日 

 

 

 

岡本選手のスイングを学びたい方はこちら

Amazon

岡本綾子のスーパーゴルフ スウィングイマジネーション Part I [DVD]

 

  • ASIN: B0007VLVJQ
  • JAN: 4539705032147

 

 

 

 

全米ツアーで通算17賞を飾り、アメリカ賞金ランキング10位内に8度もランキングされた彼女のゴルフを支えたのが、その美しいスイングです。

 

84年に腰を痛めたことがきっかけとなり、より負担の少ないスイングに改良されました。全てのクラブで同じリズムを保つスイング、ポイントを狙った鋭いショット、美しいフィニッシュは世界最高と讃えられ、キャリアの頂点に達しました。

 

クラブもボールも当時から進化した現在でも、岡本選手の技術は永遠の教材となっています。石川遼選手も、ジュニア時代に彼女のスイングを繰り返し見て基礎を作りました。また、イチローの父・鈴木宣之さんも岡本のリズムとテンポに感銘を受け、イチローにアドバイスを送りバッティングの参考にしたと言われています。

 

一本筋が通った理念があり、ゴルフへのスタンス、弛まぬ努力、その全てが合わさっての実力発揮。前進する岡本選手に影響されたスポーツ人は数知れず。ゴルフに限らず、スポーツ界に多大な足跡を残しました。

 

メジャー制覇のタイトルは果たせなかったものの、2005年には世界ゴルフ殿堂入り。日本ツアーでの試合を最後に現役を退いてから、テレビ解説、若手選手の指導など、現在でもゴルフ界に広く貢献しています。

 

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,9 中嶋常幸

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第9回は、

 

AON。一時代を築いたプロゴルフ界のビッグ3

 

中嶋常幸

 

 

集中力というのは、裏返すと言い訳をしない

 

ということ。

 

自分はそれまで言い訳が多すぎた。

 

 

 

(出典:心に刺さる!運命の言葉 偉人たちの名言集

 

 

 

 

中嶋常幸(なかしまつねゆき

出身:群馬県
1954年10月20日-

 

 


Amazon

中嶋常幸直伝ゴルフを極めるためメソッド
(NIKKAN SPORTS GRAPH) 
単行本 – 2009/4/1

 

 

 

父・巌氏の英才教育で腕を磨き、1973年の『日本アマ』を当時最年少記録となる18歳で優勝。75年にプロ入りすると翌年早くも初勝利を挙げ、77年には『日本プロ』を22歳の“戦後最年少”で制した。
 82年には4年連続キングの青木功を抑えて初の賞金王に輝いた。83年には年間最多勝記録の8勝をマーク。同年の『日米ゴルフ』ではジョニー・ミラーとの9打差を逆転して優勝している。85年には多くの海外選手を向こうに回して『太平洋クラブマスターズ』と『ダンロップフェニックス』に連勝。史上初の年間1億円を達成した。
 海外での活躍も目覚ましかった。86年の『全英オープン』では1打差2位で最終日を迎えグレッグ・ノーマンと最終組でプレー。77と崩れて8位に終わったが日本のファンをわかせた。88年『全米プロ』ではメジャー最高位となる3位。メジャー4大会すべてでトップ10に入った初めての日本選手でもある。
 賞金王に輝くこと計4回。90年代後半から不振に陥るが02年の『ダイヤモンドカップ』で7年ぶりの復活優勝。04年からはシニアツアーでも実力を発揮して『日本シニアオープン』と『日本プロシニア』を制し、レギュラーツアーと合わせて史上初の日本タイトル6冠を達成した。
 近年は素晴らしい実績を讃えた表彰が続く。17年にスポーツ功労者文部科学大臣顕彰を受け、19年1月には日本プロゴルフ殿堂入り(18年度)を果たした。

(出典:日本ゴルフツアー機構より)

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,8 タイガーウッズ

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第8回は、

 

数々の金字塔を打ち立ててきたスーパースター

 

タイガー・ウッズ

 

 

戦い続ければ、乗り越えられる。

 

 

 

(出典:2019マスターズ優勝会見で)

 

 

 

 

Eldrick Tiger Woodsエルドリック・タイガー・ウッズ)

出身:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サイプレス
1975年12月30日-

 

画像:Pixabay

 

 

米陸軍特殊部隊「グリーン・ベレー」の退役軍人の父とタイ人の母を持つタイガーは、なんと生後9ヶ月の時に、父の手ほどきを受けてゴルフを始めたといいます。天才の誕生です。
“タイガー”の名は、父のベトナム戦争時代の戦友だった将校の名前から名付けられたミドルネーム。2歳の頃には南カリフォルニアで著名な幼児ゴルファーとなり、4歳になるとSCJGA(南カリフォルニア・ジュニアゴルフ協会)に加盟、8歳で70台のスコアが出せるようになったというから驚きです。

 

プロ転向は、スタンフォード大在学中の1996年。同年「ラスベガスインビテーショナル」で米ツアー初優勝。97年「マスターズ」でメジャー初制覇。同年4勝をあげて初の賞金王。98年に世界ランキング1位。2000年全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権でメジャー大会連続優勝記録会3連覇など、その華々しい活躍は誰もが認め、知るところでしょう。

 

しかしゴルフの天才には人生の波乱も待っていました。世界中に報道された不倫スキャンダルは、あまりにもセンセーショナルでした。妻から車で逃げる途中に交通事故を起こして負傷。以後、無期限のツアー欠場を表明したのです。さらに2017年には、投薬の影響で職務質問中にろれつが回らなくなるなど、運転マナー違反として逮捕され、このニュースもまたショッキングで、もうタイガー・ウッズの勇姿は見られないかもしれないとファンのみならず落胆したことでしょう。

 

しかし2018年、ウッズは復活します。実に11年ぶりのメジャー制覇となった2019年「マスターズ」優勝の興奮と感動は、記憶に新しいところです。復活を遂げ、正真正銘の天才を証明してみせてくれました。今月のお言葉は、そんな怪我や人生に苦しんだウッズが会見で、様々な問題で苦しんでいる人々へ向けて発した言葉です。

 

 

「決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。常に戦うこと。あきらめたら、道はひらけない。確かに競争に勝って、僕は今ここにいる。けれど、競争は僕をここから引きずり下ろすものでもある。ゴルフキャリアにおいても、人生においても、僕は仕事をまっとうするための良い考え方を持っていたけれど、それを変えなければいけなかった。(昔とは)違う考えを持って取り組んでいる。(方法はどうあれ)とにかく、戦うことにフォーカスする。毎朝目覚めて、いつも挑戦が目の前にはある。戦い続ければ、乗り越えられる」

GDOニュースより

 

 

 

世界の名プレイヤー 【今月のお言葉】No,7 尾崎将司

 

 

 

ゴルフを愛し、ゴルフの神様に愛された世界の名プレイヤーたちの珠玉の名言

 

ひたむきに練習した時、闘いに挑む時、勝利した時、思わぬ結果が出た時、あの日あの時、あのプレイヤーは何を思っただろう。
その言葉が生まれたのは、グリーンの上だったかもしれない、ふと空を仰ぎ見た時かもしれない、または何もしない時?

 

ゴルフの上達のヒントに。ビジネスの上でも、ひらめきのヒントに。
ゴルフを極めし者たちの生きた言葉を感じてみよう。

 

 

 

第7回は、

 

自己中バッシングを物ともしない華のある名プレイヤー

 

ジャンボ尾崎 

 

 

ゴルフは心・技・体ではなく、体・技・心の順なのだ

 

 

 

(出典:みんなのゴルフダイジェスト

 

 

 

 

尾崎 将司(おざき まさし)

出身:徳島県 海部郡
1947年1月24日 (73)

 

出典:産経WEST

 

 

「ジャンボ尾崎」の愛称で親しまれている尾崎 将司は、青木功、中嶋常幸らとともに「AON」と呼ばれ、日本ゴルフの一時代を築きました。

徳島県出身の尾崎 将司は、異色の経歴の持ち主。1964年、徳島海南高校のエースとして春の選抜高校野球大会で優勝。翌年プロ野球・西鉄ライオンズに入団し、3年で退団します。プロ転向は1970年、23才の時でした。

 

プロゴルファーへ転向後は、1971年に日本プロゴルフ選手権で初優勝、1973年に出場2度目のマスターズ・トーナメントで東洋人で初めて8位入賞、1974年日本オープンゴルフ選手権で優勝を果たします。通算勝利数は113勝を数え、12回の賞金王を獲得。長年に渡り日本ゴルフ界の頂点に君臨しました。

 

他を圧倒するとてつもない飛距離、華やかなキャラクターで人気を博しますが、残念なことにマナーの悪さや横柄な態度、自己中心的な振る舞いで、度々批判されてきたことも事実。がしかし、そんなバッシングはどこ吹く風。試合では、ジャンボ尾崎が上位にいないと物足りなさを感じ、そして最終日に猛然と追い上げる彼の姿は豪快そのもので、誰もが魅せられるのでした。

 

そんなジャンボ尾崎の名言が今回のお言葉が「ゴルフは心・技・体ではなく、体・技・心の順なのだ
です。
どうです? 単なるビッグマウスではありませんよね。実力が伴ってこそ許され、愛嬌のある言葉だと思いませんか? これぞ稀代の豪傑、ジャンボ尾崎そのものを言い表した名言です。