ゴルファー保険の必要度チェック

下記のチェック項目を参考に、ゴルフ保険に加入する必要度合が簡単にチェックできます。全部で5項目あります。該当する項目のチェック数から、ゴルファー保険の必要度を判定します。

ゴルフ保険に加入する必要があるの?簡単な項目に答えてチェック!

ゴルフ保険に関する5つのチェック項目

  • 1.ダフることがたまにある。
  • 2.ショットを打つ際に、力んで大スライスを打ったことがある。
  • 3.ショットを打つとキャディさんに「ファーー!」と叫ばれることがよくある。
  • 4.ゴルフ道具が盗まれてないか不安になったことがある。
  • 5.ホールインワンの経験、又はホールインワンになりそうになったおしい経験がある。

チェック項目解説

ダフることがたまにある。

ティーショットや、傾斜等のアンジュレーションの変化、極度の緊張などでダフった経験をお持ちの方も多いのでは。
ダフると、ゴルフクラブの破損や、手首のケガに直結します。それだけではなく、ヘッドが折れて飛んでいき、人にケガをさせる恐れもあります。

ゴルファー保険に入っていれば安心!
ゴルフクラブの破損は、保険が適用されます。
また、あなたがケガをした場合でも、他人にケガをさせた場合でも保険が適用されます。

ゴルフ道具が盗まれてないか不安になったことがある。

最近、ゴルフ場や練習場におけるクラブの盗難被害が相次いでおり、高価なゴルフ道具が盗難されてないか不安になった方も少なくないはず。
盗難のケースとしては、あたかも自分のキャディバッグかのように堂々と持ち帰る、ドライバーやユーティリティといった単品だけを抜き去るなどの事件が後を絶ちません。

ゴルファー保険に入っていれば安心!
ゴルフ場やゴルフ練習場でゴルフ用品の盗難にあった際も保険が適用されます。
※盗難事故が発生した場合、警察に届けてください。

ショットを打つとキャディさんに「ファーー!」と叫ばれることがよくある。

ゴルフのプレイ中にショットが思わぬ方向に飛び、他のプレイヤーに危険を知らせるためにキャディさんが「ファーー!」と叫んだり、後ろのパーティーのキャディさんに叫ばれた経験はありませんか。自分のショットにより、他のプレーヤー、キャディさん、従業員などに誤ってケガをさせたり、後ろのプレイヤーのボールが当たってケガをする場合もあります。ゴルフ場ではボールの行方に警戒してください。

ゴルファー保険に入っていれば安心!
あなたのショットによって他人へケガを負わせてしまった場合や、他のプレイヤーからのケガを負わされた場合にも保険が適用されます。

ホールインワンの経験、又はホールインワンになりそうになった惜しい経験がある。

ホールインワンの経験がある方や、惜しい経験がある方は、今後、ホールインワンを達成する確立は高いはず!?
ホールインワンを達成した場合、達成のお祝いという名目で祝賀会、同伴のキャディなどへのチップ(祝儀)、ゴルフコースへの記念植樹、コンペ・大会等でしたら参加した全員に対する記念品の贈呈などを行うケースもあります。場合によって数十万円~100万円近くかかる場合もあります。

ゴルファー保険に入っていれば安心!
日本国内のゴルフ場においてホールインワン・アルバトロスを達成した際に保険が適用されます。

ゴルフに行く機会が年に平均2回以上ある。

ゴルフをプレーする回数が多い方は必然と、損害賠償、傷害、ゴルフ用品、ホールインワンのトラブルに会う確立が高くなります。

ゴルファー保険に入っていれば安心!
ゴルフ保険に加入していれば、賠償責任、傷害、用品、ホールインワンの4つを補償します。
もしもの時でも、安心して楽しくプレーできますよね。 ゴルフ場や練習場でのさまざまなトラブルから
あなたをしっかりお守りします。

RSSリーダーで購読する