ゴルファー必見。 お役立ち情報!

ゴルフのキソ!!~基礎基本を徹底~ 初心者から賢くステップアップ(4)

ゴルフのキソ!

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフの難しさのひとつに上達への道筋がつけにくいことが挙げられる。少しずつ段階を踏んで上達するというプロセスが掴みにくいのである。

ゴルフは、問題点をひとつひとつ修正することによって上達する。

 

言い換えれば、スイングひとつとっても直すべき点をしっかり直さない限り、イメージするボールを打つことはできない。

 

初心者には、克服すべき課題が複数存在している場合が多く、そのため課題を克服するためのアプローチはより難しくなる。ゴルフの難しさはやはりここになるのではないかと思う。

 

では、どのようなスタンスで問題に接すればいいのだろうか?

 

例えば、あなたがスライスという問題を抱えているとする。あなたが、とるべき行動はどのようなものだろうか?

 

まずは、3つの基本の再確認と修正を行うべきである。

 


company golf lessons / Companygolflessons

 

最初は、グリップである。

 

グリップが間違っていれば、そこからの悪影響は計り知れない。まずは、グリップをしっかり確認してほしい。

 

初心者でスライスが出やすい人は、グリップの段階で、フェースが開くような握りをしている。つまり、気がつかないうちにウイークグリップになっている人が多いのだ。

 

ですから、初心者のうちは、「ストロンググリップ」でしっかり握れているか、手のひらではなく、指で握れているか、右手は隙間なく左手に添えられているかをしっかり確認してほしい。

 

次は構えである。

 

正しい前傾姿勢は保てているだろうか?足の付け根から前傾し、ひざが前に突き出ていないだろうかを順次確認しよう。

 

大切なことは、この確認作業をしっかりおこなうことである。もし、それが正しく行われていたら問題は「別のところにある」。

 

「別のところにある」とはっきり言い切れるまで、まずは基本の確認を徹底してほしい。

そうすることで、次の問題点への確認に移れるのである。

 

問題点の要因を基本に近いところから、確認し、問題があれば修正する。初心者のアプローチとしては、これが一番基本的なことだといえる。

3つの確認事項の中で、もっとも大切なことが「スイングプレーンからのずれ」の有無の確認と修正だ。

 

これについては、次回お話したい。

【関連キーワード】
RSSリーダーで購読する